はじめての投資信託

初心者でも比較的簡単に投資を始められる投資信託。
投資信託の仕組みや種類など、はじめての方にも分かりやすくご紹介しています。

どうして投資が必要なのでしょうか?

預貯金だけでは資産が減ってしまうかも

仮にインフレが進んだ場合、預貯金や手元にある現金の価値は目減りすることになります。また、昨今の超低金利下において、預貯金だけでは資産をほとんど増やせないのが現状です。

人生では、まとまった出費が発生する

結婚や出産、育児、教育、マイホーム購入など、人生にはまとまったお金を必要とするイベントが目白押しです。それらのイベントを乗り越えながら老後資金を用意するのは大変なので、早めに対策を考えましょう。

なぜ投資信託がおすすめなのでしょうか?

そもそも、どういう仕組みなの?

投資信託は、たくさんの投資家から集めたお金を1つにまとめて、専門家が運用してくれます。投資初心者でも挑戦しやすい金融商品です。

初心者に向いている理由とは?

投資家に代わって専門家が運用する金融商品なので、手軽に投資をスタートできます。また、少額から購入できるので、試しに少しだけ挑戦してみることも可能です。

始めるなら今!

無理なくコツコツ続けられる

毎月500円から少しずつ積立投資することも可能だから、資金的に余裕のない人でもすぐに始められます。そして何より、タイミングの判断が不要なので、誰でも気軽に投資できます。

利益にかかる税金が0円に

NISA(少額投資非課税制度)口座を通じて投資信託を購入すれば、年間120万円までの投資で得られた利益がすべて非課税となります。

さらに詳しく知りたい人に

株式や債券、国内や海外など、運用の対象としている資産や地域の違いによって、実に様々なタイプの投資信託が存在しています。自分の投資方針に応じて、あれこれ使い分けられるのです。

購入時にかかる販売手数料をはじめ、保有中にかかる信託報酬や、信託財産留保額などのコストがかかってきます。その負担の分だけ収益は目減りするので、しっかりと確認を。

投資信託で得られた収益には、所定の税金が課せられますが、それを非課税にできるNISA口座や、申告手続きが簡単になる特定口座といった制度が用意されているので、活用してはいかがでしょうか。

効果的な投資方法として、積立投資と分散投資が挙げられます。それぞれのメリットを知っておきましょう。

運用で得られた利益の一部を投資家に支払う普通分配金と、元本払戻金(特別分配金)があります。2つの違いを理解しておきましょう。

目論見書には運用対象や方針、特色、かかわってくるリスク、手数料など、その投資信託に関する重要な情報が詰まっています。特に見逃せないポイントについて知っておきましょう。

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクや商品について