投資信託の分配金

投資信託で得られる収益に、分配金と呼ばれるものがあります。これはどんなもので、どういったポイントに注意すべきなのでしょうか?

分配金とは

分配金とは、投資信託の運用で得られた利益の一部を投資家に還元するものです。ただし、分配金には本来の趣旨に沿って支払われる「普通分配金」と元本の払い戻しにあたる「元本払戻金(特別分配金)」の二つがあるので、それぞれの違いをきちんと知っておきましょう。

普通分配金

普通分配金

運用によって得られた利益を、保有口数に応じて投資家に支払うものです。利益なので、所定の税金が差し引かれます。

分配額は定期的な決算によって確定し、運用状況によって変動します。また、利益が出ていても意図的に分配金を支払わず、その分を投資に回すことで複利効果を狙う投資信託もあります。

元本払戻金(特別分配金)

元本払戻金(特別分配金)

元本払戻金は「特別分配金」とも呼ばれ、利益ではなく元本の一部を投資家に返すものです。利益ではないので課税されませんが、元本はその分だけ減ります。

受け取った分配金が元本払戻金かどうか、報告書を見てしっかり確認しましょう。

分配金は受取方法を選べる

投資信託の中には、分配金をそのまま現金で受取る「受取コース」と、受け取らずに再び投資に回す「再投資コース」の選択ができるものがあります。それぞれ異なるメリットがあるので、目的に合ったコースを選びましょう。

分配金を受取る

分配金を受取る

受取コースを選択した場合、税引き後の分配金が口座に入金されます。

年金やお小遣いの足しとして定期的に運用の成果を受け取りたいという方に適しています。

分配金を再投資する

分配金を再投資する

再投資コースを選択した場合、税引き後の分配金は自動的に運用の元本に加えられます。投資に回る資金が多いほど複利効果を期待できるため、収益性は高まり、長期で資産形成を考えている方に適しています。

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて