投資信託と税

投資信託で得た利益には税金がかかります。一定額まで非課税になったり、確定申告の手続きが不要になったりする制度があるためうまく活用しましょう。

お得で便利な税制度を活用しよう

投資信託で得られる利益には、①値上がり益(譲渡益)、②分配金の2つがあり、所定の税金がかかります。しかし、NISA(少額投資非課税制度)を利用することで非課税になる、特定口座を利用することで確定申告が不要になるなど、税制度を活用することで様々なメリットを受けることができます。

NISA活用で利益が非課税に

NISA活用で年間120万円まで非課税

NISAとは、国が設けた税金の優遇制度です。投資信託の分配金や譲渡益に対しては20.315%の税金がかかります。しかし、NISA口座を開いて投資信託を購入すれば、その投資で得られた分配金や譲渡益が非課税になります。NISAを活用することで、より効率的に運用できるわけです。もちろん確定申告もいりません。

NISAとは

特定口座で確定申告も手間いらず

特定口座で確定申告も手間いらず

特定口座とは、納税や申告の手続きを簡略化できる制度です。特定口座(源泉徴収あり)を選ぶと、お客様に代わって販売会社が税金計算を行い代理納税するので、確定申告が不要になります。また、同じ販売会社での取引については、利益と損失を差し引きする「損益通算」も販売会社が行います。

特定口座

投信工房

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて