投資信託 概要・魅力

投資信託の概要・魅力についてご紹介します。

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金を、資産運用の専門家がまとめて運用する金融商品です。
「投資家に代わってプロが運用する」「少額から購入できる」などの特徴から、投資初心者も気軽に始められます。

投資信託で利益を得る方法は、タイミングよく売買することで得られる「値上がり益(譲渡益)」と、保有中に期待できる「分配金」の2つがあります。

値上がり益(譲渡益)

値上がり益(譲渡益)

投資信託の値段(基準価額)は日々変動しているため、値段が安い時に買い、高い時に売れば、その差額が利益となります。基準価額は、投資信託が保有する資産(株式や債券など)の値動きによって上下します。また、分配金が支払われた時に下がります。

分配金

分配金

分配金とは、投資信託の運用で得られた利益の一部を投資家に還元するものです。分配金の支払い頻度や金額は、それぞれの投資信託の分配方針や決算の内容によってさまざまです。

分配金って何?

投資信託の魅力

投資信託は、金融に関する専門的な知識がなくても、少額から気軽に投資できるなど多くのメリットがあります。特に初心者の方に知っていただきたい4つのメリットがあります。

1

少額から始められる

少額から始められる

株式を購入するには、銘柄により数万、数十万、数百万円という資金が必要となってきますが、松井証券では100円から投資信託を購入できます。まずは試しに少額で始めて、手応えを感じたら増額していくという作戦も選べるのです。

2

分散投資でリスクを軽減

分散投資でリスクを軽減

投資先を1つに絞り込まず、複数に分散することで予測が外れた場合のリスクを軽減するのが投資の基本です。投資信託は広範囲に分散投資が行われているため、リスクが抑えられています。

3

運用は専門家が代行

運用は専門家が代行

投資先の選別などの難しい判断はすべて資産運用の専門家におまかせだから、金融に関する専門的な知識がない初心者でも気軽にチャレンジできます。

4

個人では投資しにくい資産にも

個人では投資しにくい資産にも

新興国など、海外の金融市場には個人が単独では投資しにくいところがあります。また、原油や金などのコモディティ(商品)市場も同様でしょう。しかし、投資信託を利用すればそういった市場でも少額から投資することが可能となってきます。

「投信工房」のよくあるご質問 もっと見る

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて