信用取引の配当金はどうなりますか?

はじめての信用取引

Q配当金はどうなりますか?

A買建の場合は配当相当額を受取り、売建の場合には配当相当額を支払います。

信用取引で買建している場合、配当の権利は取得できませんが、配当相当額は受取れます。

配当がある場合、権利落日に配当相当額だけ株価が下落しますが、現物株式を保有している場合、配当金が受取れるため理論的には損失になりません。信用取引では配当金の受払いはないため、そのままでは買建玉(かいたてぎょく)を保有する場合は損となり、売建玉(うりたてぎょく)を保有する場合は益となります。その分を調整するため、株主総会等での配当確定後、通常、決算日の2〜3か月後に「配当相当額」を売り方が買い方に支払うことで調整されます。

通常の配当は、証券会社の口座の他、銀行の口座等でも受取れますが、信用取引では、建玉を保有している証券会社の口座でのみ受払いが行われます。売建玉を保有している場合は支払いとなりますので、残高にご注意ください。


はじめての信用取引Q&Aトップへもどる

インターネットで今すぐお申込み!

リスクや商品について