現物取引 取引ルール

1.口座開設基準

ネットストック口座申込受付基準に準じます。

口座開設基準(個人)

口座開設基準(法人)

2.手数料

「ボックスレート」が適用されます。

手数料の詳細

3.注文受付時間・取引時間

注文受付時間

次の時間帯でインターネット注文を受付けています。

  • 06:00〜各取引所の取引終了時間
  • 17:00〜翌02:00、03:00〜05:30

取引時間

取引所ごとに異なります。各取引所の取引時間は次のとおりです。

  前場 後場
東京証券取引所 09:00〜11:30 12:30〜15:00
名古屋証券取引所 09:00〜11:30 12:30〜15:30
福岡証券取引所 09:00〜11:30 12:30〜15:30
札幌証券取引所 09:00〜11:30 12:30〜15:30

4.取扱銘柄

現物取引の取扱銘柄をご覧ください。

5.注文

お客様からお預かりした金銭および有価証券の範囲内で注文を受付けます。買付注文の際には、あらかじめ買付代金(手数料含む)の入金が必要です。また、売却注文の際には、株式の預入れが必要です。

新規注文

取引区分、口座区分(買付時のみ)、市場、株数、値段(指値または成行)、執行条件、有効期間をご指定ください。

指値は値幅制限の範囲で呼値の単位にあわせてご指定ください。

呼値の単位・値幅制限一覧

執行条件は、なし、寄付、引け、指成、IOCから選択できます。
値段(指値または成行)と執行条件を組み合わせることによって、様々な注文形態が可能です。

株式取引(現物・信用)の執行条件について教えてください。(Q&A)

有効期間は「当日」または「週末まで」を選択できます。
執行条件を指定する場合、有効期間は「当日」になります。

週中に権利落がある銘柄の注文の有効期間について(Q&A)

パソコンから現物株式を注文するにはどうすればいいですか。(Q&A)

訂正・取消注文

指値の訂正(成行への変更を含む)または取消を入力してください。

パソコンから現物株式注文を訂正・取消するにはどうすればいいですか。(Q&A)

注文の失効

有効期間が到来した場合、注文は失効します。
次の場合、お客様の注文は、有効期間内でも失効となります。

  • 指値が値幅制限から外れた場合。
  • 指定した取引所で上場廃止になった場合
  • 新規上場銘柄で新規公開初日以降、初値がつかなかった場合
  • 即日預託の規制が入った銘柄の指値注文を、夕方バッチ処理終了後から翌営業日の08:00頃までに(画面の表示が「受付済」である間に)成行に訂正した場合
  • 福証単独上場銘柄および札証単独上場銘柄で、週の途中で他取引所へ重複上場する場合
  • 余力不足の場合
  • 夕方バッチ処理・夜間バッチ処理の余力審査で余力が不足した注文は失効します。
  • その他、取引規制・制限が行われる場合

失効注文の再発注

有効期間満了により失効した注文を、再発注できます。

再発注可能な注文の種類

再発注可能な注文は、有効期間満了により失効した執行条件のない通常注文および逆指値注文、追跡指値注文です。

対応チャネル

失効注文の再発注は、会員画面、および携帯端末向け会員画面から受付けます。

再発注可能な期間

有効期間が到来し、注文が失効した日の17:00以降(夕方バッチ処理終了後)から翌営業日の取引時間終了まで。

再発注時に元の注文から引き継ぐ注文内容

銘柄、取引区分、口座区分、市場、株数(未約定の株数)、値段、有効期間を引き継ぎます。

注文値段、逆指値・追跡指値注文のトリガー・予約値段は訂正が可能です。

再発注の余力審査

失効した注文を再発注する際の余力審査は以下の順番で行われます。複数注文の再発注を一括して行う際、いずれかの注文で余力不足やエラーが発生した場合、以降の注文は審査・発注されません。

  • 現物売付注文
  • 信用返済注文
  • 現物買付注文
  • 信用新規注文
  • 現物買付注文、信用新規注文が複数ある場合、【注文確認<再発注>】画面に表示された順に余力審査が行われます。

失効注文の再発注方法を教えてください。(Q&A)

発注状況確認

受付完了後は、発注済の注文は会員画面内上部【株式取引】-左側【注文照会】画面で、未発注の注文は会員画面内上部【株式取引】-左側【注文選択<再発注>】画面で、それぞれ必ずご確認ください。

約定確認

約定状況は、会員画面内上部【株式取引】-左側【注文照会】画面で、必ずご確認ください。該当する銘柄の「約定」欄の数値をクリックすると、約定明細(約定数、約定単価、受渡金額、手数料等)をご覧いただけます。

また、約定明細は、会員画面内上部【資産状況】-左側【精算表】画面で、該当する銘柄の「受渡金額」欄の数値をクリックしてもご覧いただけます。なお、書面の電子交付に関する承諾を行っているお客様は、会員画面内上部【口座管理】-左側【電子書面閲覧】画面で取引報告書をご確認いただけます。 

6.新規公開銘柄などの公開初日の取扱い

新規公開銘柄などの公開初日の取扱い

次のとおり取扱います。

  • 注文は、新規公開日前営業日の17:00以降(夕方バッチ処理終了後)受付けます。
  • 買付注文は、初値がつくまでは指値のみ受付けます。売却注文は、初値がつく前から指値と成行を受付けます。
  • 注文受付可能値幅は、公募・売出価格×0.25が下限、公募・売出価格×4が上限です。呼値単位未満の端数金額は切上げます。初値決定後は、初値を基準値段とした通常の値幅制限となります。初値がついた後、値幅制限から外れた注文は失効となります。
  • 執行条件は、「なし」「寄付」「引け」「IOC」から選択できます。

即日預託

上場初日に初値がつかず、買気配(特別買気配)で終了した場合、翌営業日から初値が決定される日まで、買付代金(現金)の即日預託の規制が入る場合があります。その他、売買高や注文の状況等により即日預託の規制が入る場合があります。

即日預託とはなんですか。(Q&A)

株式移転等による新規上場銘柄

  • 買付注文は新規上場前営業日の17:00以降(夕方バッチ処理終了後)から受付けます。また、売却注文は預り残高の修正後から受付けます。預り残高は、新規上場前営業日の夜間バッチ処理で修正されます。
  • 原則として成行・指値ともに受付けます(上場初日より金融商品取引所の定めた基準値段および制限値幅が適用されない場合は除きます)。

同取引所内で他市場に指定替えされた銘柄

  • 指定替え初日の注文は通常どおり受付けます。

7.取引停止銘柄

売買取引停止前に取引所にて受付けた注文等は、売買取引再開後すべて有効となります。売買取引停止中における当該銘柄の新規注文、訂正・取消のご入力は可能です。

8.日計り取引(ループトレード)

ネットストックでは、同一銘柄(同一資金)での現物株式の日計り取引(ループトレード)が可能です。
ただし、差金決済に該当する場合は、当該取引の株式買付代金相当額を拘束(「ループトレード拘束金」の発生)することがあります。差金決済は法令で禁止されているため、お取引できません。
拘束する金額は、一連の取引に必要な最低限の金額(前日残の株式および売却分の現金を含む前日預り現金)になります。なお、取引状況により、拘束した以上の金額が必要になる場合があります。不足金が生じる場合、必ず受渡日の09:00までにご入金ください。

差金決済について教えてください。(Q&A)

同一銘柄(同一資金)での日計り取引(ループトレード)

買付 → 売却

ある銘柄を買付した後に売却した場合、その売却代金は当該銘柄の買付には再度ご利用いただけません(売却代金の拘束)。このような取引がある場合、現物買付余力の範囲内であっても当該銘柄の現物の買付や現引ができない場合があります。ご注文の際には十分ご注意ください。なお、他の銘柄の買付にはご利用いただけます。

売却 → 買付

ある銘柄を売却した後に当該売却代金で買付した場合、その買付株式は売却できません(買付株式の拘束 )。

9.配分ルール

ストップ高、ストップ安で比例配分が行われる場合、次のルールに基づいて配分します。

1順目:注文の値段・執行条件順にグループ分けを行い、お客様ごとに最低単位ずつ配分

注文の値段・執行条件について、次の優先順位でグループ分けを行い、お客様ごとに最低単位ずつ配分します。

順位 値段・執行条件
1 成行・寄付成行
2 指成・引け成行
3 指値・寄付指値
4 引け指値

2順目:1順目の配分終了後、お客様の注文株数の合計に応じて按分し配分

1順目の配分終了後、お客様ごとに、未約定の株数の合計に応じて按分します。按分した株数の多いお客様から配分します。

配分の途中で配分可能株数がなくなった場合、その時点で配分終了となります。

10.インサイダー取引の禁止

インサイダー取引(内部者取引)とは、会社の内部者情報に接する立場にある者が、その特別な立場を利用して会社の重要な内部情報を知り、情報が公表される前にこの会社の株を売買することをいいます。このような取引が行われると、一般の投資家との不公平が生じ、証券市場の公正性・健全性が損なわれるおそれがあるため、金融商品取引法において規制されています。 会社の内部者情報に接する立場にある者から内部者情報の伝達を受けた者が売買した場合も同様です。

金融商品取引法第166条は、「会社関係者」は、上場会社等の業務等に関する重要情報を知った場合は、その重要事実が公表された後でなければ、当該上場会社等の特定有価証券等の売買その他有償の譲渡または譲受をしてはならない、としています。これに違反した場合は、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科(金融商品取引法第197条の2第13号)(法人は5億円以下の罰金(金融商品取引法第207条第1項第2号・第197条の2第13号))に処せられます。

インサイダー取引について(Q&A)

内部者登録

ネットストック口座開設のお申込みにあたっては、お客様が内部者に該当する場合には必ずその旨を申告してください。また、口座開設後にお客様が内部者に該当することになった場合、必ず会員画面内上部【口座管理】-左側【登録情報】画面下部「内部者登録情報へ」より内部者登録の手続きをお願いします。

上場企業に勤務していますが、役職がなくても内部者登録が必要ですか。(Q&A)

役員または主要株主の売買報告書の提出

上場会社等、資産運用会社の役員、上場投資法人等の執行役員、監督役員および主要株主の方(※)が当該上場会社等の特定有価証券に係る買付けまたは売付け等を行った場合、取引をした日の属する月の翌月15日までに、当該取引について、取引した証券会社を通じて関東財務局長へ「役員または主要株主の売買報告書」を提出する必要があります。

該当する方には取引が成立した日の属する月の翌月初め、「役員または主要株主の売買報告書」を送付します。記載内容を確認のうえ、速やかに返送をお願いします。

  • 取引時に上場会社等、資産運用会社の役員、上場投資法人等の執行役員、監督役員および主要株主(取引時点で保有比率が10%以上)の方が対象です。(上場投資法人等の主要株主は除く)
 

役員および主要株主の6か月以内の短期売買利益返還義務について(Q&A)

11.上場株式総数の5%を超える注文

上場株式総数の5%を超える株式数を発注した場合、誤発注を防止するための措置として、以下の対応が行われます(名証以外)。

上場株式総数の30%を超える株式数を発注した場合 当該注文は取引所において異常注文として判定され、失効します。
上場株式総数の5%〜30%にあたる株式数を発注した場合 当該注文は取引所において異常注文の可能性ありと判定されます。その場合、誤発注でないことを確認するために当社よりお客様へご連絡する場合があります。

当社では、お客様の注文は確認画面で注文内容を確認していただいたうえで受託しています。そのため、ご連絡が取れない場合には、正常な注文として取扱います。また、ご連絡の結果、誤発注であることが確認され、注文取消を行う場合、取消が完了するまでの間に誤発注の全部または一部が約定することがあります。この場合、約定した取引を取消すことはできません。

誤発注であることが確認された場合

誤発注がなされた銘柄が「連続約定気配」または「特別気配」の状況にある時

当社より取引所に約定処理の中断を要請したうえで、取消を実施します。取消された注文は失効します。「連続約定気配」または「特別気配」の状況となる前の約定については取消すことができません。

誤発注がなされた銘柄が「連続約定気配」または「特別気配」となっていない時

誤発注であることが確認できた時点で当該注文を取消します。お客様の発注から取消処理完了までの間の約定については取消すことができません。

ご注意

手数料

各種約諾書および取引規程等の定める事由により、お客様の計算による注文を当社が発注する場合、電話でのお取引と同じ手数料を適用します。

↑「2.手数料」に戻る

注文受付時間・取引時間

取引状況等によってはバッチ処理の時間が伸長し、記載した時間内でも注文の受付けができない場合があります。

↑「3.注文受付時間・取引時間」に戻る

取扱銘柄

外国株式の注文には、外国証券取引兼累積投資口座の開設が必要です。

外国株式を取引するにはどうすればいいですか。(Q&A)

↑「4.取扱銘柄」に戻る

注文

<新規注文>

  • 1回あたりの最大発注数は、1銘柄1回20億円まで、または499,999単元までです。ただし、取引所等の規制によって売買が制限される場合は上記の限りではありません。
  • 「成行」「寄付成行」「引け成行」「指成」「IOC成行」の現物買付注文は、値幅制限の上限(ストップ高)で「現物買付余力」を拘束します。
  • 当社ではお客様の取引に対して注文・売買審査を行っています。その際、極端に大量の注文が見られた場合、当社の判断で新たな注文を停止することがあります。
  • 同一銘柄の注文において、1回で発注できる注文を細かく分けて大量に発注した場合、当該注文を「失効」にすることがあります。
  • 同一営業日に有効な注文回数は、当社が定める回数の範囲内としています。大量の発注を行った場合、その後の注文が発注できなくなることがあります。
  • 借入れた株式の売却、保有していない株式の売却は一切受託しません。

↑「5.注文-新規注文」に戻る

<訂正・取消注文>

  • 数量、売買区分、有効期間、市場、口座区分、執行条件の訂正は先の注文を一度取消して、改めて発注してください。
  • 前営業日夕方バッチ処理終了後に受付けた注文は、営業日の08:00頃より各市場に発注します。発注処理中は、一時的に訂正・取消ができません。画面の表示が発注済になるまでお待ちください。
  • 前場引け後(11:30以降)に訂正、取消を入力した場合、12:10頃まで訂正中、取消中のままの表示となります(訂正済、取消済の表示とはなりません)。
  • 11:30〜12:10頃までの新規注文で、状態が受付済の場合、訂正・取消ができません。画面の表示が発注済になるまでお待ちください。
  • 引け直前の訂正・取消は、受付けできない場合があります。
  • 1注文について通常の範囲を超えた多数回の訂正操作が行われた場合には、当該注文に対する訂正操作ができなくなります。当該注文の訂正をご希望の場合は、当該注文を取消いただいたうえで、新規の発注をお願いします。

↑「5.注文-訂正・取消注文」に戻る

<注文の失効>

  • 外国株式・外国ETF等(海外重複銘柄)は、重複している海外市場の価格変動を受けて、取引日の朝に基準値が変更になる場合があります。基準値が当日寄付前に変更となった場合、基準値変更前に発注した成行注文は08:00過ぎに失効となり、同日、成行注文は発注できません。
  • 注文の余力審査は現物株式注文、信用取引注文の順番で行われます。現物株式注文、信用取引注文の中では時間優先となります。

↑「5.注文-注文の失効」に戻る

<失効注文の再発注>

  • 再発注した注文が有効期間満了により失効した場合、あらためて再発注の対象になります。
  • 次に該当する注文は再発注の対象外です。
    • 有効期間の途中で失効した注文(失効の理由によりません)
    • 有効期間満了日が権利付最終日となる注文
    • 再発注時に売買停止となっている銘柄の注文
    • 当社の任意による売却注文
    • 「返済予約注文」を付加した注文(※)
    • 元注文は再発注の対象となりません。ただし、元注文に付加した返済予約注文を有効期間満了日の前営業日大引けまでに取消した場合には、元注文のみ再発注が可能です。また、元注文が約定して発注された返済予約注文は、再発注が可能です。
  • 【注文確認<再発注>】画面に表示される注文は、【注文選択<再発注>】画面において、銘柄コード、取引区分、売買区分、受付日時で並び替えが可能です。
  • 【注文照会】画面では、お客様の注文状況にかかわらず「再発注」ボタンを表示します。失効した注文と同一条件の注文を別途発注し、「再発注」ボタンでも発注を行った場合、当社はそれぞれ別々の注文として受注します。

↑「5.注文-失効注文の再発注」に戻る

新規公開銘柄などの公開初日の取扱い

  • 「成行」を選択した場合、エラーまたは夜間バッチ処理終了後に「失効」となります。
  • 終日成行禁止の場合は、初値がついても成行注文はできません。
  • ETFは、新規公開日前日に基準値段が決定され、これを基準として注文受付値幅が適用される場合があります。
  • ※初値がつかなかった場合、「週末まで」の注文はすべて失効となります。

↑「6.新規公開銘柄などの公開初日の取扱い」に戻る

配分ルール

配分を受けることを目的として約定する意思のない数量の注文を発注するいわゆる「水増し注文」は、需給関係を歪め市場の公正性を阻害する恐れ、ストップ配分時に本来であれば配分されるべき数量が他の投資者に配分されなくなることで投資者間の公平性を阻害する恐れがあります。「水増し注文」と考えられる注文が発注された場合、確認のため、当社からお客様にご連絡することがあります。

<1順目>

  • 1人のお客様で複数の注文がある場合、優先順位が1番上の注文に最低単位のみ配分します。
  • 値段・執行条件が同じ場合、注文株数の多い注文が優先となります。
  • 値段・執行条件および注文株数が同じ場合、受付時間の早い順となります。
  • 注文を訂正した場合、訂正を受付けた時間が適用されます。
  • 逆指値および追跡指値により発注された注文の受付時間は次のとおりです。
  • 逆指値:実際に市場へ発注された時間
  • 追跡指値:トリガー到達により訂正が行われた時間

<2順目>

  • 按分した株数の端数は、切上げて単位数を配分します。
  • 未約定の株数の合計が同じ場合、1順目で並替えた順位で配分します。

↑「9.配分ルール 」に戻る

リスクおよび手数料などについて

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00