預株サービス活用術 その2 仕組み・銘柄の探し方

松井の「ドキドキ」するサービスとは?預株(よかぶ)の活用法をご紹介!

POINT 1 預株サービスの仕組み

松井証券ならではの預株サービス!

  • 市場には株式取引の決済のために一時的に株式を借りたい投資家がいます。株式を借りる場合には、貸し手に対してレンタル料の支払いが必要となります。また、借りたい人が多く、株式が不足している銘柄ほど、レンタル料が高額となります。
  • 預株サービスを通じて株式の貸し借りを行う場合、貸し手=お客様、借り手=日本証券金融株式会社(日証金)となります。ただし、お客様が直接、日証金に株式を貸出すことはできないため、松井証券が手続きを行います。
  • お客様が保有している銘柄を「預株」に登録しておけば、借り手が増えて株式が不足した際に、自動的に貸出の申込みを行います。そして、レンタルすることへの対価として「預株料」が受け取れる仕組みになっています。

<チェック!> ~預株料の原資は【逆日歩】と呼ばれているもの~

お客様の受取金である預株料は、逆日歩(ぎゃくひぶ)がもとになって決まります。
逆日歩とは、信用取引において、信用買(資金を借りて株を買う)よりも信用売(株を借りて株を売る、いわゆる空売り)が多くなった場合に発生する株式のレンタル料です。

【まとめ】

  • 信用売の増加⇒逆日歩が発生する可能性アップ!
  • 逆日歩の発生⇒預株料が受け取れる可能性あり!
  • 高額な逆日歩の発生は、高額な預株料受取につながる期待大!

POINT 2 チャンス銘柄の探し方

高い預株料が付く可能性のある銘柄の狙い方!

  • 信用売残急増+信用低倍率で当たりをつけよう
    逆日歩が発生しそうな銘柄を探すため、信用取引の売残高が増加した銘柄をランキング情報で探してみるのも一つの方法です。信用売が多いだけでなく、信用倍率(信用買/信用売)が低い銘柄は、さらに期待が高まります。
  • 株主優待銘柄狙いで預株料をGET
    人気がある株主優待銘柄の権利確定日前は、「現物買い+信用売り」のクロス取引が増加する傾向にあります。この場合、信用売りが膨らむことで、借り手の需要が増し、高額な預株料(レンタル料)を受け取れる可能性が高まります。

高い確率で預株料が付く銘柄の狙い方!

  • 高確率で預株料がGETできるのは、上場投資信託(ETF)
    上場している上場投資信託206銘柄(※1)のうち、預株料が発生した銘柄は143銘柄(※2)あります。7割を超える銘柄で預株料が発生しており、上場投資信託で預株に申し込むと、他の株式と比べて高い確率で預株料を受け取れる可能性があります。
  • ※1 2017年3月24日時点の上場投資信託銘柄数(当社非取扱いのETFS(投資法人債券)を除く)
  • ※2 2016年2月~2017年2月の当社実績

関連リンク

預株制度

ちょっと質問したい時は...

チャットサポート

商品やサービスの一般的なご質問にチャットで回答!

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00

リスクおよび手数料などについて