大正時代に創業した松井証券は、1990年代の金融業界変革期においてインターネット専業として舵をきる大きな決断をしました。
イノベーティブなサービスを他社に先駆けて提供していくことを経営の基本方針とし、これまでの証券業界では考えられなかった「ボックスレート」「無期限信用取引」「一日信用取引」等のサービスを開始しました。

1918年 松井房吉商店創業
1947年 松井證券株式会社に商号変更
1996年 株式保護預り料の無料化を導入
1997年 店頭登録株式の委託手数料の半額化を導入
1998年
業界初  本格的インターネット取引「ネットストック」を開始
1999年
業界初  定額手数料体系「ボックスレート」を導入
業界初  「アカウント・プロテクション」を導入
2001年 東証一部上場
2002年
業界初  「預株」制度を導入
2003年
業界初「無期限信用取引」を開始
業界初  「株券ゆうパック」サービスを導入
2004年
業界初  「ミニ・ボックスレート」を導入
2005年 札幌にコールセンターを開設(サポートセンター)
2008年
業界初  「即時決済取引」を開始
業界初  「夜間先物取引」の取扱開始
2009年 iPhone、iPod touch向けリアルタイム投資情報アプリケーション「株touch」を導入
2011年
業界初  「即時決済信用取引」を開始
2013年
業界初  「一日信用取引」を開始
海外株価指数先物・海外商品先物の取扱開始
2014年
業界初  一日信用取引の「プレミアム空売りサービス」を開始
2015年
業界初  デイトレード限定の「一日先物取引」を導入
2016年
ポートフォリオ提案サービス「投信工房」を開始
2018年
株式取引における立会外取引を活用した価格改善サービス「ベストマッチ」の提供開始