投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI

更新日:2022年5月20日

金融庁より公表されました、「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」について、2022年3月末時点の当社実績を以下の通り公表いたします。

  • 運用損益別顧客比率
  • 投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン及びリスク・リターン

運用損益別顧客比率

お客様にご購入いただいた投資信託の運用損益状況を損益区分ごとに公表しております。
松井証券で投資信託を運用されているお客様のうち、2022年3月末時点では90.0%の方が運用損益でプラスとなっております。

  • 2022年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンで算出。松井証券で投資信託の取扱いを開始した、2016年11月28日以降の全期間に関して、保有している銘柄すべてを含みます。
  • 投資信託にはETF、上場REIT、米ドルMMF、確定拠出年金(iDeCo)で買い付けた投資信託を含みません。
  • 投資信託のトータルリターン通知制度に基づくトータルリターンを基準日時点の評価金額で除して算出した各損益率の分布。
  • 対象のお客様全体を100%として、それぞれの運用損益に該当する顧客数比率をグラフ化。

投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン

2022年

残高加重平均値
()
リターン コスト
9.92% 0.59%

投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン

2022年

残高加重平均値
()
リターン リスク
9.92% 14.60%

投資信託預り残高上位20銘柄

  • たわらノーロード 先進国株式
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  • アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
  • たわらノーロード 先進国リート
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ひふみプラス
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
  • 三井住友・日本債券インデックス・ファンド
  • ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)
  • ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)
  • ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
  • eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり)
  • グローバル・フィンテック株式ファンド iシェアーズ
  • ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)
  • eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)
  • たわらノーロード 国内リート
  • 投資のソムリエ

2022年3月末を基準とし、預り残高上位20銘柄(設定後5年以上)を対象としてグラフを表示しております。

  • 算出方法は以下の通り
    「リターン」:過去5年間のトータルリターン(年率換算)
    「コスト」:基準日時点の販売手数料率(消費税込み)の1/5と信託報酬率の合計値
    「リスク」:過去5年間の月次リターンの標準偏差(年率換算)
  • リターン、リスクの騰落率算出の際に用いる基準価額は分配金再投資後の基準価額
  • ETF、上場REIT、米ドルMMF、確定拠出年金(iDeCo)で買い付けた投資信託を含みません