「一日先物取引」驚愕の低コスト 日経225ラージ手数料150円※1 ※1税込165円 日経225mini手数料25円※2 ※2税込27.5円

一日先物取引とは?

1セッション限定※の先物取引です。“業界最安水準の手数料”や“少額証拠金制度”による“最高水準のレバレッジ”など、先物デイトレードに特化したサービスとなっています。

※詳細はコチラでご確認ください。

衝撃の一日先物手数料

日経225ラージ手数料150円(税込165円) 日経225mini手数料25円(税込27.5円)(取引手数料1枚) 最安!

他の証券会社の手数料とと比べても断然オトク!

日経225ラージ 約定1枚あたり
松井証券 150円(税込165円)←最安
SBI証券250円(税込275円)
楽天証券 250円(税込275円)
マネックス証券250円(税込275円)
カブドットコム証券 300円(税込330円)
日経225mini 約定1枚あたり
松井証券 25円(税込27.5円)←最安
SBI証券35円(税込38.5円)
楽天証券 35円(税込38.5円)
マネックス証券35円(税込38.5円)
カブドットコム証券 38円(税込41.8円)
※2019/8/30時点の通常手数料、当社調べ。

最高水準のレバレッジを実現

一日先物取引なら、証拠金の約50倍の取引が可能

“一日先物取引”は少額証拠金制度を採用しているため、レバレッジ約50倍と、当社が取扱う通常の先物取引よりも大きな金額のお取引が可能です。

大口トレーダーにも魅力が!

一日先物取引なら、日経225ラージ/日経225mini合算で最大300枚までの建玉の保有が可能 ※日経225miniは0.1枚で計算します。

“一日先物取引”では建玉上限が通常の先物取引より拡大。建玉上限の制約を受ける大口トレーダーの利便性が向上します。

法人・未成年口座はこちら

リスクおよび手数料などについて

  • 松井証券株式会社
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
    加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

口座基本料

一日先物取引

重要事項のご説明(リスク説明)