特殊注文

逆指値注文

株価が指定した価格以上になったら「買い」、
株価が指定した価格以下になったら「売り」となる注文方法です。

例えば、値上りを予想して買いポジションを持っている場合、損失の許容範囲となる株価をトリガー値段として逆指値の「売」注文を入れておけば、相場が想定どおりに動かなかった場合にも、損失を一定範囲におさえることが可能です。

追跡指値注文(OCO注文)

一度発注した注文を、条件を満たした場合に自動的に訂正する注文方法です。
例えば、株価の値上りを予想して高値での売却を狙いつつ、予想に反して株価が値下りした場合でも一定の利益を確保するための注文を出すことが可能です。

返済予約注文(IFD注文・IFO注文)

新規注文を発注する際に、返済注文の条件を設定(予約)できる注文方法です。
返済注文の条件には、「益出し」「損切り」の両方またはどちらか片方を選んで設定でき、新規注文が約定すると予約しておいた返済注文が自動的に発注されます。


松井証券の返済予約注文はココがすごい!

「益出し幅」「損切り幅」を新規注文の約定価格を基準に設定可能!

松井証券の「返済予約注文」は、返済注文を指値価格ではなく、
新規注文の約定価格を基準に「±○円」として設定できます。

例えば、「新規買い注文の約定価格から50円値上りしたら返済売り(益出し)」「新規買い注文の約定価格から30円値下りしたら返済売り(損切り)」のように益出し幅・損切り幅を設定して発注できるため、リスクを抑えながら着実に利益を積み重ねる投資戦略を練ることが容易になります。

部分約定でも返済注文が発注されるから利益確定のチャンスを逃さない!

一般的なIFD注文では、新規注文の全数量が約定するまで返済注文が発注されず、利益確定のチャンスを逃してしまうケースがあります。
松井証券の「返済予約注文」は、新規注文が分かれて約定(部分約定)した場合でも、約定の都度、返済注文が発注されるため、利益確定のタイミングを逃しません

※逆指値・追跡指値・返済予約注文を利用するには、「逆指値・返済予約注文口座」の開設が必要です。
※逆指値・追跡指値は、トリガー値段到達後は「指値」または「成行」で注文が市場に発注されます。また、返済予約注文の「損切り予約(逆指値)」は、トリガー値段到達後、「成行」で発注されます。「指値」の場合には、急激に相場が変動し、極めて短時間の間に株価が予約値段を通過してしまうような場合には、必ずしも約定しない場合があります。また、「成行」の場合には、トリガー値段から著しく乖離した価格で約定が成立するリスクがあります。