スピード注文
  • スピード注文
  • 取引暗証番号省略/注文条件確認省略
  • 取引数量指定(数量・金額)
  • 呼値空白/板固定
  • 返済予約注文(IFD・IFO注文)
  • プレミアム空売り銘柄
  • 逆指値注文/執行条件付注文
  • 注文訂正/注文取消
  • 銘柄連動
  • シングルクリック発注
  • ドラッグ&ドロップ返済
  • 全株返済(売却)発注準備

  • 「取引区分や数量などの注文条件を設定しておけば、売買したい価格帯をクリックするだけの簡単な操作で発注できます。
    価格の入力が不要なため、迅速な取引が求められるデイトレードとの相性もバツグンです。
    現物・制度信用・無期限信用取引用の「株式スピード注文」、一日信用取引専用の「一日信用スピード注文」、先物・オプション取引用の「指数先物OPスピード注文」、一日先物取引専用の「一日先物スピード注文」があります。
  • 事前に取引暗証番号を入力しておけば、発注時の入力を省略できます。
    さらに、「注文確認」のチェックを外せば、発注の際に注文条件確認画面を省略し、よりスピーディーな発注が可能です。
    分単位・秒単位で連続してトレードを繰り返すスキャルピングには欠かせない機能です。
  • 入力フォームに取引数量を直接入力できます。数値は、入力フォーム横にあるボタンをクリック、もしくは入力フォーム上でマウスホイールを動かすことで、単元単位(金額選択時には万円単位)で増減可能です。
    入力フォーム下には数量(金額)増加ボタンがあり、ボタンを押すと、ボタンに表示された数値の分だけ、入力フォーム内の数値が増加します。 増加ボタンの数値は画面の上部にある「設定」ボタンから変更することができ、自分の好みの数値にカスタマイズ可能です。
    また、金額でも指定できるため、「○○円分買付したい」という場合でも、買付数量の計算に悩む必要がありません。

    数量は、画面上部に表示されている銘柄毎に数値を記憶しており、銘柄を切り替えると、前回入力していた数値を入力フォームに再現します。
    また、画面上部に表示されていない銘柄を表示した場合は、入力フォームに初期値が入力されます。初期値は、スピード注文画面上部の「設定」ボタンから、「1単位」または「なし」を選択できます。
  • 値動きが激しい銘柄や呼値幅が小さい銘柄では、気配数量のない価格帯があることもしばしば。そんな時は、「呼値空白」ボタンのチェックを外すと、注文が入っている価格帯だけを詰めて表示するため、板状況の把握が容易になります。
    値動きが激しい銘柄を取引する際、板が動いて希望する価格で発注しづらいという方は、「板固定」ボタンにチェックを付けて板を固定すれば、思わぬ発注ミスを防ぐことができます。あわせて、スピード注文画面を縦方向に伸ばし、呼値の表示数を増やしておけば、価格変動が激しい銘柄でも気配が画面外になり、閲覧できなくなることを防げます。
  • 細かく利ザヤを抜くスキャルピングには、返済予約注文がオススメです!
    返済予約注文は、新規注文時に抜きたい値幅を設定しておくだけで、新規注文約定後に決済注文が自動で発注されます。
    「益出しの値幅」「損切りの値幅」を自由に設定できるため、値動きが激しい銘柄でもリスクをコントロールしながら、細かく利益確定するトレードが容易になります。
    値幅は、画面上部に表示されている銘柄毎に数値を記憶しており、銘柄を切り替えると、前回入力していた数値を再現します。
  • 「プレミアム空売り」または「プレミアム空売りゼロ」の対象銘柄の場合、「売建可能(プレミアム)」と表示し、プレミアム空売り料と建玉上限株数を表示します。在庫切れの場合は「在庫切れ(プレミアム)」と表示され、在庫状況をすぐに確認できます。
    なお、一日信用取引の売建可能銘柄(プレミアム空売り・プレミアム空売りゼロ銘柄以外)の場合、「売建可能」と表示します。
    ※一日信用スピード注文のみ
  • 発注区分で「逆指値」を選択すれば、逆指値注文も気配板をクリックするだけで簡単に発注できます。
    逆指値注文の予約値段は、画面右上の「設定」ボタンから選択でき、「成行」と「トリガーと同値」から選択できます。
    さらに、寄付・引け・指成・IOCなどの執行条件も、プルダウンで選択するだけの操作で発注可能です。
  • 発注済の注文価格は、板上の注文数量を訂正したい価格にドラッグ&ドロップするだけで簡単に変更できます。
    また、注文取消も右下の「注文取消」にドラッグ&ドロップするだけなので、操作がラクラクです。
    複数の注文をまとめて取消す場合は、買板・売板の下にある「一括取消」をクリックすれば、それぞれ取消できます。
  • 画面右上の「連」ボタンをクリックして有効にすると、チャートやその他画面と表示銘柄を連動させることができます。
    スピード注文の銘柄を切り替える際、別画面のチャートも同じ銘柄にしたい場合などに手間が省けて便利な機能です。
  • 発注時のクリック方法を「ダブルクリック」から「シングルクリック」に切り替えることができます。
    「シングルクリック」に設定し、さらに取引暗証番号省略/注文条件確認省略を併用すれば、気配板を1度クリックするだけで即時に発注できます。よりすばやい発注が可能となるため、一刻一秒を争うデイトレードには重要な機能です。

    発注時クリック方法は、画面の上部にある「設定」ボタンから切り替えます。
  • 残高情報欄から気配板上にドラッグ&ドロップするだけで、発注可能な全数量の返済注文を発注できます。
    その場合の発注条件は、「発注区分:通常、執行条件:なし、有効期間:当日」となります。
    取引区分の変更や株数の設定をする必要がないため、急な相場の変化にもスムーズに対応することが可能です。
  • 残高情報欄をダブルクリックすることで、発注可能な全株数の建玉返済(現物売却)注文の発注準備ができます。ダブルクリックした残高に応じて、「取引区分(現物または信用返済)」や「数量(発注可能数量)」が自動的に選択・入力されます。1つずつ項目を選択する手間が省けるため、よりスムーズに発注できます。
    保有建玉の一部を売却する場合でも、残高情報欄をダブルクリックした後に数量を修正して発注したほうが、発注時間を短縮できるかもしれません。

リスクおよび手数料などについて

  • 松井証券株式会社
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
    加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

口座基本料

現物取引

信用取引

一日信用取引

逆指値・追跡指値

返済予約注文

重要事項のご説明(リスク説明)