カリスマトレーダー「けむ。」インタビュー

デイトレは
経済知識がなくても
始められる!

デイトレードの魅力についてお聞かせください!
1つは経済知識が要らないところですね。決算発表や材料といった、一見内容をきちんと理解していないと動きづらいような時でも、瞬間の取引であれば株価が感情的に動くことが経験でわかっているため、経済の専門知識が無いという自分の弱い部分をカバーできます。他にも、ファンダメンタル取引だと、自分が安いと思って買った株が更に値下がりした時に、損切りをする理由付けが難しく、なかなか損切りできませんが、デイトレであればその点で悩む必要が無いため、判断が容易という点もメリットですね。

デイトレの
コスト無料は
メリットだけど…

松井証券が一日信用取引というデイトレード向けサービスを開始して1年が経ちました。現役デイトレーダーとして、このサービスに関する率直な意見をお聞かせください。
デイトレードのコストが無料なので、デイトレードだけのトレーダーにとっては非常に魅力的だと思います。ただ、私も含めて、値動き次第で持ち越しをするデイトレーダーは少なくないです。最初はデイトレードをするつもりで、一日信用取引でコスト無料の取引を5回しても、1銘柄持ち越した場合のコストが、他社の安いネット証券と同程度なら、最初から持ち越しできる証券会社で取引すればいいと思ってしまいます。デイトレと持ち越しを上手く使い分けできればいいですが、私の場合は、中々上手く使い分けできないのが実情です。

ワンポイント!

一日信用取引は、デイトレードなら、手数料0円・金利/貸株料0〜2%と、業界最安水準です。ただ、新規建を行った当日の大引けまでに建玉の反対売買が行なわれなかった場合、翌日以降に松井証券の任意で建玉が強制的に決済されてしまううえ、約定代金に対して0.3%(税抜)の手数料がかかるので、注意が必要です。

口座開設はこちら

非常に
便利なツール
是非使ってみたい

デイトレードしやすい銘柄をランキング形式で表示するデイトレ適性ランキングのリアルタイム配信を開始しました。率直なご意見をお聞かせください!
デイトレードをする銘柄を選ぶ際、出来高や値幅が重要になってきますので、それらを考慮したランキングを前場/後場で分けてリアルタイムで表示してくれるのは、便利ですね。実際に使ってみたいと思います。欲を言えば、情報ツールに組み込んで、監視銘柄に一括で登録する機能があると、さらに使い勝手が向上しそうですね。

来年以降も
デイトレの
チャンスは継続!?

信用取引規制の緩和から約1年経ちましたが、取引環境は以前と比べてどのように変わりましたか?
信用規制の緩和後、市場の流動性が明らかに増加しました。流動性が向上すると、その分デイトレードでの取引機会が増えるため、以前よりもデイトレードの環境は改善したと考えています。私は、中長期の目線であまり市場は見ないので先の相場のことは分かりませんが、デイトレードに関していえば、流動性が向上したことで、2014年も引き続き良い環境が続くのではないかと考えています。もちろん、私の期待も込みですが(笑)

ワンポイント!

デイトレードでは、短期間で頻繁に売買を行なうため、買いたい時や売りたい時に取引できることが重要です。2013年1月の信用取引の規制緩和以降、特に個人投資家の取引が大半を占める新興市場で流動性が向上し、今まで以上にデイトレードがしやすい環境になりました。

口座開設はこちら

アルゴと
うまく付き合うには

最近は、新興市場でもアルゴリズムトレードが見られるようになったと聞きますが、実際取引されているとどのように感じますか。
最近は新興市場でも大型の株であればアルゴが効いているように感じます。個人の売買にも反応してくるので、非常に邪魔ですね。来年以降は呼び値縮小もあって、今まで以上にアルゴに有利な環境となるため、アルゴは増えていくと思っています。現状はアルゴに横取りされないように、本来買いたいタイミングよりも少し早めに買うようにしたり、大きな板を出すと、自分の注文のすぐ前に指値を出してくるようなタイプのアルゴなら、反応されないよう小分けに出してみたりと色々試行錯誤している段階です。今後は、逆にアルゴを利用した取引手法を考えなければいけないと考えています。

今年の一番
印象に残っている
銘柄は…

2013年は特に新興市場が盛り上がった1年でしたが、中でも印象に残っている銘柄を教えてください!
場が引けると取引のことは忘れてしまうので、あまり覚えていませんが、あえて挙げるとすれば、ガンホーです。というのも、10月に普段の3倍程度の金額でガンホーを買いで入ったのですが、その後、ストップ安で張り付かれてしまったため、かなりの額をやられたという苦い思い出があるので(笑)

勝つ前提で
デイトレデビュー
しないこと

これからデイトレードをはじめようという方にアドバイスをお願いします。
デイトレードを始める人は、勝っている人の話を聞いて始める人が多いため、勝つ前提で最初から大きな金額でエントリーし、失敗して大きな損を出している人が多いように思います。それよりもまず、市場のトレーダーは自分よりもうまい人が大半だという意識で、少額から取引を実践していき、自分の勝ちパターンを見つけたら徐々に、金額を増やしていくのが良いと思います。実践以外で取引を学ぶには、うまい人のブログやtwitterをみて勉強するのも有効だと思いますね。
口座開設はこちら

リスクおよび手数料などについて

  • 松井証券株式会社
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
    加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

口座基本料

一日信用取引