【更新】【一日信用取引】売建銘柄を追加します〜4銘柄+2銘柄〜

2013年2月15日

松井証券は2月18日(月)取引分より、一日信用取引「売建」における取扱銘柄を新たに4銘柄追加します。

  • 2月19日(火)取引分より、さらに2銘柄を一日信用取引の「売建」銘柄に追加しました。現在、一日信用取引の「売建」銘柄は、568銘柄を取扱いしています(2013年2月19日時点)。

一日信用取引の「売建」銘柄は、今後も株式の調達状況等に応じて、順次拡大していく予定です。

新規追加銘柄

銘柄コード 銘柄名 追加日
3003 ヒューリック 2月18日
5202 日本板硝子 2月18日
6305 日立建機 2月18日
9989 サンドラッグ 2月18日
1878 大東建託 2月19日
6976 太陽誘電 2月19日

ご注意

株式の調達状況によっては、一日信用取引の「売建」取扱銘柄であっても新規取引を停止する場合があります。

CSVファイルのダウンロード

一日信用取引のメリットとは?

一日信用取引とは、松井証券が証券業界で初めて導入した、返済期限が当日のデイトレード専用の信用取引です。一日信用取引には、次のようなメリットがあります。

1.魅力なコスト体系

一日信用取引はデイトレード限定とする代わりに、手数料が0円(※1)、金利・貸株料が0〜2%(※2)と、取引コストの面で大きな優位性があります。

  • ※1上記の委託手数料はインターネット経由の場合に適用されます。現引・現渡を行った場合、当該建玉の新規建手数料として、約定代金の0.315%(税込)がかかります。新規建を行った当日の大引けまでに建玉の反対売買または現引・現渡が行われなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済しますが、その際の手数料は約定代金×0.315%、最低手数料21円(税込)です。
  • ※21注文あたりの約定代金合計が300万円以上となれば0%です。新規建を行った翌日以降および1注文あたりの約定代金合計が300万円未満の場合は2%です。

2.制度信用取引では取引できない銘柄も取引できる

一日信用取引の「買建」銘柄は取引所に上場しているすべての銘柄が対象(※)で、新規上場銘柄も上場初日から信用取引が可能です。
「売建」銘柄は当社指定の銘柄で、制度信用取引では取引できない非貸借銘柄も信用取引で売建が可能です。

  • 「買建」取扱銘柄は原則、整理銘柄を除く全ての上場銘柄です。ただし、当社の判断により取扱対象外とする銘柄があります。
  • 取引所等による取引規制、および当社規制については、ネットストック取引規制でご確認ください。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

リスクおよび手数料などについて