【一日信用取引】「寄付・引け・指成」や「逆指値・追跡指値」に対応します!〜ネットストック・ハイスピードからも利用可能〜

2013年3月15日

松井証券では4月1日(月)より、多くのお客様からのご要望にお応えして、『一日信用取引』で「執行条件」の設定や「逆指値・追跡指値」が利用可能となります。
また、『大証日経225先物・オプション取引』でも、ネットストック・ハイスピードの「スピード注文」から 「執行条件」が設定可能となります。

「引成注文」や「逆指値」など、取引の幅を広げる注文が可能に!

今回の対応により、「寄付・引け・指成」が選択可能となるため、「成行」や「指値」と組み合わせることで、当日中に建玉を返済する際に便利な「引成注文」や「指成注文」が発注可能となります。また、「逆指値・追跡指値」も利用できるようになるため、テクニカル面で重要なポイントであらかじめロスカットを設定しておくなど、よりアクティブな取引が可能となります。

  執行条件 値段 内容
引成注文 引け 成行 引けの板寄せ時のみ有効な成行注文
指成注文 指成 指値 引けの板寄せ時までに約定しなかった場合、値段を成行に変更する指値注文
  • 前場引けまでに「引け」や「指成」で発注した注文は、前場引けに執行されます。
  • 逆指値注文および執行条件付注文を利用した場合でも、相場状況により必ずしも約定しない場合や想定していた範囲から乖離した価格で約定が成立する場合があります。ご注意ください。
  • 逆指値・追跡指値を利用するには、逆指値口座の開設が必要です。

「ネットストック・ハイスピード」も「執行条件」「逆指値」に対応!

「ネットストック・ハイスピード」の「スピード注文」からも「一日信用取引」では新たに「執行条件」や「逆指値」が設定できるほか、「現物取引」「制度信用取引」「無期限信用取引」「大証日経225先物取引」でも「逆指値」に加えて「執行条件」が設定可能となります。プルダウンをクリックするだけで操作可能なので、機動性が求められるデイトレード時にも手間をかけることなくご利用可能です。

【4月1日以降の執行条件および発注区分の対応状況】

  逆指値 追跡指値 執行条件
株式 現物株式取引
制度信用取引
無期限信用取引
一日信用取引
先物・オプション取引
  • ◎:会員画面およびネットストック・ハイスピード(スピード注文含む)で発注可
    ○:会員画面およびネットストック・ハイスピードで発注可
    △:会員画面で発注可

【ネットストック・ハイスピードにおける変更点】

一日信用取引 株式取引(一日信用取引以外) 大証日経225先物取引

引き続きお客様のご期待に添えるよう、一日信用取引を始めとしたサービスの改善を行ってまいります。今後とも松井証券をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連リンク