【無期限信用取引】【一日信用取引】売建銘柄を追加します

2013年7月5日

松井証券は7月8日(月)取引分より、無期限信用取引「売建」における取扱銘柄を4銘柄、一日信用取引「売建」における取扱銘柄を7銘柄、新たに追加します。

無期限信用取引、一日信用取引の「売建」銘柄は、今後も株式の調達状況等に応じて、順次拡大していく予定です。

新規追加銘柄

銘柄コード 銘柄名 制度信用取引 無期限信用取引 一日信用取引
2229 カルビー 貸借 追加 追加
4997 日本農薬 貸借 追加
5851 リョービ 貸借 追加 追加
6674 ジーエス・ユアサ コーポレーション 貸借 追加
7014 名村造船所 貸借 追加 追加
8703 カブドットコム証券 貸借 追加 追加
8706 極東証券 貸借 追加

ご注意

株式の調達状況によっては、無期限信用取引および一日信用取引の「売建」取扱銘柄であっても新規取引を停止する場合があります。

  • 「買建」取扱銘柄は原則、整理銘柄を除く全ての上場銘柄です。ただし、当社の判断により取扱対象外とする銘柄があります。
  • 取引所等による取引規制、および当社規制については、ネットストック取引規制でご確認ください。

松井証券の3つの信用取引

松井証券では、「制度信用取引」「無期限信用取引」「一日信用取引」の3つの信用取引をご用意しています。各信用取引はそれぞれ特徴があるため、お客様の投資スタイルに合わせて使い分けることで、信用取引のメリットをより活かすことができます。

制度信用取引

制度信用取引とは、取引できる銘柄や返済期限などが、取引所の規則等により決められている信用取引です。取引所が指定する制度信用銘柄は、買建・売建両方ができる「貸借銘柄」と、買建のみできる「信用銘柄」に分けられます(※1)。なお、制度信用取引の場合、返済の期限は6か月以内(※2)になります。

  • ※1取引所による規制や当社規制によって新規建を停止することがあります。
  • ※2会社合併や株式移転および株式交換等の事象が発生した場合、返済の期限を繰り上げることがあります。

無期限信用取引

無期限信用取引は、返済期限や逆日歩などを投資家と証券会社の間で取り決めることができる一般信用取引の仕組みを利用しています。

返済期限は原則無期限(※)なので、レバレッジ効果によって資金効率が高い信用取引の利点を損なうことなく、長期間保有し続けることが可能です。
また、無期限信用取引の「売建」は逆日歩がつかないというメリットがある他、当社取扱銘柄であれば、制度信用取引では売建ができない非貸借銘柄も取引できます。そのため、「株主優待取り」や「保有銘柄のリスクヘッジ」などに利用しやすく、取引の選択肢をさらに広げることができます。

  • 上場廃止や株式分割等の事象が発生した場合、返済期限を設定することがあります。

一日信用取引

一日信用取引は、松井証券が証券業界で初めて導入した、返済期限が当日のデイトレード専用信用取引です。手数料が0円(※1)、金利・貸株料が0〜2%(※2)と、デイトレードを行う際の取引コストに大きな優位性があるので、一日に何度も取引を行うデイトレーダー向けの信用取引です。

  • ※1上記の委託手数料はインターネット経由の場合に適用されます。現引・現渡を行った場合、当該建玉の新規建手数料として、約定代金の0.315%(税込)がかかります。新規建を行った当日の大引けまでに建玉の反対売買または現引・現渡が行われなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済しますが、その際は、約定代金×0.315%(最低手数料21円(税込))の手数料がかかります。
  • ※21注文あたりの約定代金合計が300万円以上となれば0%です。新規建を行った翌日以降および1注文あたりの約定代金合計が300万円未満の場合は2%です。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。