【NISA口座】での株式取引手数料を恒久無料化します

2013年8月23日

松井証券は、2014年より導入されるNISA(少額投資非課税制度)口座における株式取引手数料を、現行制度下において恒久的に無料とします。

この手数料はNISA導入年に限った期間限定サービスや条件を設けたキャンペーンではありません。NISA口座の開設は、一人1口座に限られ、複数の金融機関に申込むことはできませんので、各金融機関の取扱内容を十分にご検討いただいたうえで、NISA口座の開設をお申込みください。

松井証券のNISAサービス概要

NISAとは、年間100万円までの投資資金による上場株式等の配当金や売却益等が最長5年間非課税となる新たな制度です。

日程
  • 口座開設:2013年10月1日(火)〜
    • 現在、口座開設予約申込受付中
  • 取引開始:2014年1月6日(月)〜
対象商品 上場株式、ETF/ETN、REIT(現物取引)
手数料 売買代金にかかわらず、買付、売却ともに無料
  • 上記の手数料はインターネット経由の場合に適用されます。単元未満株の売却、電話でのお取引は手数料無料の対象外となります。

このページの先頭へ

主要オンライン証券のNISA口座における国内株式取引手数料の比較

下記の事例はNISA口座において、1年分の投資枠である100万円をもとに20万円ずつ現物株式を売買した場合と、4年分(※)の投資枠である400万円をもとに20万円ずつ現物株式を売買した場合の手数料比較です。

  • 一度NISA口座を開設した場合、4年間(2014年から2017年まで)は他の金融機関にNISA口座を変更・開設できません。
主要オンライン証券のNISA口座における国内株式取引手数料の比較
  • 2013年8月22日現在、各社ホームページや開示内容を参照し当社作成。手数料は全て税込。
  • マネックス証券は取引毎手数料コースを元に試算。SBI証券、楽天証券およびカブドットコム証券は、2014年についてはキャンペーンであるNISA取引手数料を元に試算していますが、2015年以降については手数料体系が明示されていないため不明。

NISA口座の開設について

松井証券では現在、NISA口座の開設予約申込を受付けています。松井証券に口座をお持ちの方は、会員画面内上部【口座管理】-【書類請求・申込】画面よりお申込みください。松井証券に口座をお持ちでない方は、「ネットストック口座」を開設のうえ、NISA口座をお申込みください。

ご注意

  • NISA口座の開設は、一人1口座に限られ、複数の金融機関に申込むことはできません。
  • 現行制度において、最初の4年間(2014年1月1日から2017年12月31日まで)は、他の金融機関にNISA口座を変更・開設することはできません。
  • 万一、複数の金融機関で重複して申込んだ場合には、最も希望する金融機関ではない金融機関にNISA口座が開設されることがあり、その場合でも金融機関の変更はできません。また、口座開設が大幅に遅れる可能性があります。
  • NISA口座内での新規投資が対象のため、現在保有している上場株式等を非課税口座に振り替えることはできません。同一銘柄をNISA口座で保有したい場合は、一旦売却の上、再度NISA口座内での買付が必要です。
  • 投資を行なわなかった非課税投資枠を翌年以降へ繰越することはできません。
  • 2014年にNISA口座内で上場株式等を買付けた場合、2014年1月1日〜2018年12月31日の5年間が非課税になります。途中売却は可能ですが、非課税投資枠の再利用はできません。
  • NISA口座内での損失は、他の口座で発生した利益と通算できません。
  • NISA口座で保有する上場株式等の配当金を非課税にするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」とする必要があります。
  • NISA口座から上場株式等が払出される場合には、当該払出された非課税上場株式等の取得価格は払出日における時価となり、払出日に価格が下落していた場合でも、損失はないものとされます。
  • NISAは口座を開設する年の1月1日時点で、満20歳以上の日本の住居者等が対象です。

このページの先頭へ