サポートダイヤルを8:00から受付開始します(7/22(火)〜7/25(金))

2014年7月14日

2014年7月22日(火)より、東京証券取引所は新たに1円未満の呼値単位を導入します。これにより、TOPIX100構成銘柄のうち1株の値段が5,000円以下となる銘柄について株価に小数点が発生し、会員画面や投資情報ツールでの価格表示が一部変更になります。

また、あわせてネットストック・ハイスピードでの「一括返済注文機能」実装をはじめ、一部投資情報ツールで機能改善を行います。

これらに伴う各種お問い合わせにお答えするため、7月22日(火)から 7月25日(金)まで、サポートダイヤルの受付開始を30分繰上げ、8:00より受付します。機能改善に関するお問い合わせはもちろん、通常のお取引に関することまで、ご不明な点がありましたら、ぜひお問い合わせください。

電話番号
  • 0120-953-006(フリーコール)
  • 03-5216-8628(IP電話等からのお客様)
受付時間 平日8:00〜17:00
繰上げ実施日 7月22日(火)〜7月25日(金)

TOPIX100構成銘柄における呼値の単位縮小について

7月22日(火)より呼値の単位が縮小となるのはTOPIX100構成銘柄です。
適用する呼値の単位は、1,000円以下の値段帯で0.1円、1,000円超5,000円以下の値段帯で0.5円になります。
約定価格の改善や、指値注文における値段の選択肢の広がりによる板での順番待ちの緩和など、利便性の向上が期待されます。

  • 東証ホームページより

TOPIX100構成銘柄と呼値の単位についてはこちらからご確認ください。

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて