東証arrowheadリニューアルに伴う対応について

2015年9月11日

9月24日(木)(予定)に東京証券取引所は、立会市場における売買システムarrowheadのリニューアルを行います。リニューアルに伴い、TOPIX100構成銘柄の呼値単位や株式取引の複数気配表示等が変更されます。

松井証券の各種投資情報ツールは、9月19日(土)のメンテナンス以降に順次バージョンアップを行う予定です。

東証arrowheadのリニューアル概要

板表示の気配が8本から10本に変更されます

板表示の気配が8本から10本に変更になります

TOPIX100構成銘柄の呼値の単位が変更されます

2015年9月24日(木)以降の対象銘柄における呼値の単位は、下表のとおりです。

1株の値段 呼値の単位
現行 2015年9月24日以降
〜 1,000円以下 0.1円 0.1円
1,000円超 3,000円以下 0.5円 0.5円
3,000円超 5,000円以下 0.5円 1円
5,000円超 10,000円以下 1円 1円
10,000円超 30,000円以下 5円 5円
30,000円超 50,000円以下 5円 10円
50,000円超 100,000円以下 10円 10円
100,000円超 300,000円以下 50円 50円
300,000円超 500,000円以下 50円 100円
500,000円超 1,000,000円以下 100円 100円
1,000,000円超 3,000,000円以下 500円 500円
3,000,000円超 5,000,000円以下 500円 1,000円
5,000,000円超 10,000,000円以下 1,000円 1,000円
10,000,000円超 30,000,000円以下 5,000円 5,000円
30,000,000円超 50,000,000円以下 5,000円 10,000円
50,000,000円超 10,000円 10,000円

連続約定気配の表示条件が追加されます

直前の約定値段から更新値幅の2倍の値段を超えて買い上がる(売り下がる)注文数量が出された場合に、連続約定気配が板情報に表示されます。
これまでは一つの注文による買い上がり(売り下がり)の場合のみ表示していましたが、これに加えて、一定時間内(※)の複数注文による買い上がり(売り下がり)の場合も連続約定気配を表示します。

  • 変更当初では60秒
連続約定気配の表示パターン

このページの先頭へ

各種投資情報ツールについて

ネットストック会員画面・各種投資情報ツールでは、呼値の単位変更、および気配表示の変更に対応します。
なお、一部の情報ツールにおいては、事前にバージョンアップが必要です。

ネットストック・ハイスピード

9月19日(土)以降にメンテナンスを行います。メンテナンス終了後に起動すると、自動的にダウンロードが行われます。メンテナンス以降、初めてネットストック・ハイスピードを起動する場合、起動に時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

株touch

9月20日(日)以降、バージョンアップが必要です。App StoreまたはPlayストア(GooglePlay)からバージョンアップをお願いします。

  • 旧バージョンの株touchは新バージョンの提供をもってサービスを終了します。
  • 株touchの推奨環境に変更はありません。

また、新しいバージョンの株touchでは一部機能改善を行います。

  • 株価情報画面に前日終値を追加します。
  • 株価ボード、先物ボードで気配の更新時に背景が点滅するように修正します。
  • 注文入力画面で返済注文の予約を切り替えた際に、入力済みの数値を保持するように修正します。

ネットストックトレーダー

9月23日(水)9:00〜12:00に行われるリリース以降、バージョンアップの操作が必要です。

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて