ネットストック・ハイスピードの機能改善について〜株価ボード登録データのインポート/エクスポート機能を追加!〜

2015年11月13日

松井証券は、2015年11月21日(土)(予定)に、トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」の機能改善を行います。

ネットストック・ハイスピードは、リアルタイム情報画面と発注画面が一体となった高機能トレーディングツールです。松井証券に口座をお持ちであれば、無料で利用できます。

今回の機能改善では、

改善内容

ますます便利になるこの機会に、ぜひネットストック・ハイスピードをお試しください。

①「株価ボード」でファイル読込による銘柄登録や、登録データの出力ができるようになります!

「株価ボード」にインポート(データ読み込み)機能とエクスポート(データ出力)機能を追加します。

データを読み込んで登録する(インポートする)

銘柄リストのデータファイルを読み込むことで、ネットストック・ハイスピードの「株価ボード」へ簡単に銘柄を登録できるようになります。当社のツール「ネットストックトレーダー・プレミアム」や他社のツールに登録している銘柄を、ネットストック・ハイスピードに登録するときに便利です。

ファイルを読み込む(インポートする)
  • 50銘柄以上読み込む場合、「一括登録」か「上位50銘柄を登録」を選択できます。「一括登録」を選択した場合は、50銘柄ごとのグループに分けて登録します。

データを出力して保存する(エクスポートする)

「株価ボード」に登録されているデータを出力し、バックアップとして保存できるようになります。複数のパソコンで銘柄を共有したり、パソコンを買い替えたりする際に便利です。

データを出力(エクスポート)して保存する

このページの先頭へ

②「株価ボード」への登録が簡単になります!

ランキング銘柄を一括で登録できるようになります!

株式出来高、株式売買代金、株式上昇率/下落率、株式新高値/新安値など、様々なランキングの上位銘柄を、簡単に株価ボードに登録できるようになります。

ランキング銘柄を一括で登録できるようになります!

≪対象画面≫

「株価上昇率/下落率」、「株式急騰落分析」、「株式出来高」、「株式S高/S安」、「プレミアム空売り銘柄一覧」、等

「株価ボード」へのドラッグ&ドロップによる追加登録がもっと便利になります

ドラッグ&ドロップでの追加登録が有効となる範囲を拡大しました。

「株価ボード」へのドラッグ&ドロップによる追加登録がもっと便利になります

このページの先頭へ

③東証1部、2部、新興市場など、より細かく区別して絞り込みができるようになります!

ランキング画面などの市場の絞り込み条件に、東証1部、2部、マザーズ、ジャスダック、新興市場の区分を追加し、さらに、ETF・ETN、REITでも絞り込みができるようになります。
これにあわせて、市場表記もより細かく区別して表示します。

東証1部、2部、新興市場など、より細かく区別して絞り込みができるようになります!

≪対象画面≫

「株式急騰落分析」、「株式出来高」、「信用残高」、「逆日歩銘柄一覧」、等

ご注意

  • ネットストック・ハイスピードをご利用の際は動作環境および利用規約をご確認ください。
  • お客様の取引状況・口座状況によりご利用いただけない場合があります。

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて