約定価格改善サービス「ベストマッチ」の利用対象者を拡大します

2019年1月17日

松井証券は、2019年2月2日(土)より、約定価格改善サービス「ベストマッチ」をより多くのお客様にご利用頂けるよう、サービスの対象者を拡大します。

これにより、これまで信用取引口座を開設済みのお客様に限定していた同サービスを、信用取引口座の開設状況にかかわらずご利用頂けるようになります。

2018年5月のサービス開始以降、既に2万人以上のお客様の約定価格改善を実現している「ベストマッチ」を、ぜひこの機会にご利用ください。

申込みは簡単!「ベストマッチ」がすぐに利用可能に!

会員画面【口座管理】-【各種口座開設状況】の、「ベストマッチ利用申込」欄「申込する」から手続きすると、「ベストマッチ」を利用できるようになります。

ご注意

  • 約定価格改善サービス「ベストマッチ」は、価格改善の機会を提供するサービスであり、価格改善することをお約束するものではありません。
  • ベストマッチの申込には、利用条件を満たす必要があります。利用条件については、改定後の立会外クロス取引(ベストマッチ)取引約款でご確認ください。
  • 2019年2月2日以降にネットストック口座を開設されたお客様で、口座開設時においてベストマッチ利用条件を満たしたお客様は、会員画面にてお手続きいただくことなくベストマッチをご利用いただけます。
  • 信用取引口座を開設いただいたお客様はベストマッチをご利用いただけます。

ベストマッチの価格改善実績(2018年12月度)

2018年12月にベストマッチの価格改善率が大きかった上位5銘柄をご紹介します。
ベストマッチを利用した当該銘柄の取引により生じる価格改善金額は、約定金額100万円あたり1,000円以上となりました。これは、1日の約定金額合計が100万円だった場合に発生する株式取引手数料1,000円(税抜き)を上回る金額です。

順位 銘柄コード 銘柄名 市場 100万円あたりの価格改善金額
1 6740 ジャパンディスプレイ 東証1部 2,626円
2 6773 パイオニア 東証1部 2,586円
3 9263 ビジョナリーホールディングス JASDAQ 2,018円
4 8789 フィンテック グローバル マザーズ 1,191円
5 8585 オリエントコーポレーション 東証1部 1,098円
  • 価格改善した約定金額が1,000万円以上の銘柄のみ集計
  • 価格改善金額=100万円×価格改善率

ご注意

  • 本データは客観的情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。
  • 本データは、過去の実績を示したものであり、将来の成果等を保証するものではありません。
  • 約定代金が改善した場合、改善約定代金×30%(税抜)が改善成功報酬として、株式取引の委託手数料とは別に1約定ごとに生じます。

各種書面の改定について

ベストマッチサービスの利用申込の開始に伴い、次のとおり書面の改定を行います。改定の内容につき、ご質問がある場合は、松井証券顧客サポートまでお問い合わせください。

契約締結前交付書面等について

2019年1月29日夕方以降にネットストック会員画面へ初めてログインする際、書面の内容を確認するための確認画面が表示されます。ご確認手続きをスムーズに進めていただけるよう、あらかじめ書面および確認方法等のご確認をお願いします。

契約締結前交付書面とはなんですか。(Q&A)

契約締結前交付書面等はどのように確認すればよいですか。(Q&A)

各種書面の改定について

改定する書面は次のとおりです。

主な改定内容

主な改定内容は次のとおりです。

書面 主な改定内容
手数料などの諸費用について
  • ベストマッチの利用条件変更に伴う改定
最良執行方針
  • ベストマッチの利用条件変更に伴う改定
  • その他、所要の改定
私設取引システム取引約款
  • 所要の改定
立会外クロス取引(ベストマッチ)取引約款
  • ベストマッチの利用条件変更に伴う改定
  • その他、所要の改定

「ベストマッチ(約定価格改善サービス)」のよくあるご質問 もっと見る