更新日:2018年12月5日

auの投資信託 auスマートファンドシリーズ auの投資信託 auスマートファンドシリーズ

安定したリターンを求めるなら分散投資型のバランスファンドが有効的!

分散投資の例

  • 資産の分散

    リスク・リターンの特性が異なる複数の資産に分散投資

  • 投資地域の分散

    投資対象の異なる地域や通貨の複数の資産に分散投資

  • 時間の分散

    等数量ずつ継続的に投資する事で投資機会を分散

長期・積立・分散投資の効果の例

長期・積立で投資した場合、投資対象地域や投資資産を分散しバランスの取れた運用の方がよりパフォーマンスが上がる結果に!

長期・積立・分散投資の効果の例
長期・積立・分散投資の効果の例

出所:金融庁「平成27年事務年度 金融レポート」図表Ⅱ-2-(1)-20 長期・積立・分散投資の効果

  • 各計数は、毎年同額を投資(定額投資)した場合の各年末時点での累積リターン。
  • 株式は、各国の代表的な株価指数を基に、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。
  • 債券は、各国の国債をもとに、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。
  • グラフはBloombergのデータより、金融庁が作成しKDDIアセットマネジメントが加工。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

auスマートファンドシリーズは、シンプルな資産配分で手軽に分散投資できます!

auスマートファンドシリーズは、複数のファンドへの投資を通じて、国内外の株式や債券に幅広く分散投資を行い、リスクの低減を図りつつ、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。

  • 上記の配分比率はイメージであり、実際の配分比率とは異なります。

auスマート・ベーシック(安定)とTOPIXのリターン比較>

2018年10月は、TOPIXが前月末の株価に比べ約10%前後下がる時期がありましたが、バランス良く分散投資するauスマート・ベーシック(安定)は比較的安定した実績に!

出所:松井証券WEBサイトより、KDDIアセットマネジメントが作成

  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

auスマートファンドシリーズは、購入時手数料0円♪auスマート・ベーシックなら「つみたてNISA」でお取引も!

ファンド名 購入時手数料
auスマート・ベーシック(安定)つみたてNISA対象 ¥0
auスマート・ベーシック(安定成長)つみたてNISA対象
auスマート・プライム(成長)
auスマート・プライム(高成長)
  • auスマート・ベーシック(安定/安定成長)の投資対象ファンドの信託報酬を含めた実質的な信託報酬は、年率0.35%(税抜)になります。
  • auスマート・プライム(成長)の投資対象ファンドの信託報酬を含めた実質的な信託報酬は、年率1.086%~1.31475%(税抜) になります。
  • auスマート・プライム(高成長)の投資対象ファンドの信託報酬を含めた実質的な信託報酬は、年率1.21675%~1.44575%(税抜)になります。

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

投信サポート

0120-981-486(IP電話等)03-5216-0626

受付時間 / 平日 08:30〜17:00

「auスマートファンドシリーズ」のリスクおよび手数料等について

  • 国内外の株式・債券等を主な投資対象とするため、組み入れた株式の価格の変動や債券価格の下落、発行者の信用状況の悪化、金利の変動、流動性の低下、為替変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および投資対象ファンドの信託報酬を含めた信託報酬(実質)は次のページをご確認ください。

    auスマート・プライム(高成長)

    auスマート・プライム(成長)

    auスマート・ベーシック(安定成長)

    auスマート・ベーシック(安定)

  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク