CAM ESG 日本株ファンド 追加型投信/国内/株式 CAM ESG 日本株ファンド 追加型投信/国内/株式

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2018年8月22日

「ESG」とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとったものです。
CAM ESG 日本株ファンドは、日本の金融取引所に上場する企業の内、ESG(環境対応、社会的責任、企業統治)に対する経営目標と態勢整備状況を定量的に分析・評価して、経営力、成長性で優位のある企業に中長期投資を行います。

ESG、ESG投資とは?

ESGに優れた企業はステークホルダー(顧客・従業員・地域社会・株主)を意識した長期的な企業価値増大に向けた多面的・総合的な経営を行うため、中・長期的な投資リターンとリスク低減効果が期待できます。

ESG:企業の持続可能な成長のための取り組み

ESG:企業の持続可能な成長のための取り組み

ESG:企業の持続可能な成長のための取り組み

ESG投資までの変遷

ESG投資までの変遷

ESG投資までの変遷

ESG投資は世界の潮流

運用資産(年金+投資)に占めるESG投資の割合

運用資産(年金+投資)に占めるESG投資の割合

  • 出所:Global Sustainable Investment Review 2016

ESG投資の運用プロセス、投資モデル

ESG分析に財務分析を加味して、投資対象銘柄を選択します。

ESG投資運用プロセス

運用プロセスについて(ESGと財務分析の融合)

運用プロセスについて(ESGと財務分析の融合)

  • 不祥事等でESGスコアの急なダウングレードがあった場合、適時対応。

ESG分析と財務分析を融合させた投資モデル

ESG分析と財務分析を融合させた投資モデル

ESG分析と財務分析を融合させた投資モデル

(1)ESGスコア(50%)

(2)財務スコア(50%)

(3)ESGと財務分析の融合財務の総合スコア(100%)

ESG投資の魅力

市場指数を超える好パフォーマンス

期間:2017年1月27日-2018年5月31日

市場指数を超える好パフォーマンス

市場指数を超える好パフォーマンス

  • 出所:ブルームバーグのデータをもとに、キャピタル アセットマネジメントが作成
  • 上記データは過去の実績および現時点での予想であり、当ファンドの将来の運用成果等を示唆するものではありません。

市場指数より高リターン・低リスク

市場指数より高リターン・低リスク

市場指数より高リターン・低リスク

  • 出所:ブルームバーグのデータをもとに、キャピタル アセットマネジメントが計算したものから一部抜粋。
  • 過去の実績および現時点での予想であり、将来の運用成果等を示唆するものではありません。
  • 本ページはキャピタル アセットマネジメント作成の販売用資料(作成年月日:2018年06月)をもとに当社が作成したものです。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「CAM ESG 日本株ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 国内の株式等を主な投資対象とするため、組み入れた株式の価格の変動や、発行体の信用状況の悪化、流動性の低下等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および信託報酬は次のページをご確認ください。
  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク