厳選日本企業の世界戦略を描く投信 コモンズ30ファンド(愛称:厳選投資) 厳選日本企業の世界戦略を描く投信 コモンズ30ファンド(愛称:厳選投資)

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2017年12月18日

コモンズ30ファンドとは

「コモンズ30ファンド」は、自己資産の形成をしながら、成長を続ける日本の優良な企業を長期に渡って応援し、それらを通じて豊かな社会づくりにつなげていく「日本株の長期集中投資ファンド」です。投資先は「真のグローバル企業」を中心に約30銘柄を厳選し、企業との双方的対話を重視した企業価値の創造と共有を目指しています。

特長

コモンズ30ファンドは「30年」「30社」「対話」を特長として、運用を行っています。

30年の長い目線を持って、お客さまと企業と育む長期投資

資産をつくりながら、成長を続ける日本のよい企業を長く応援し、豊かな社会をこどもや孫へつなげる、そんな想いが込もった長期投信です。

真のグローバル企業を中心に、30銘柄へ集中投資

投資する約30社は、世界で成長し続けられる真のグローバル企業。「質」の高い企業に集中投資することで、高い運用成果を目指します。

対話で企業とお客さまをつなぎ、価値の創造と楽しさを提供

価値づくりや応援する楽しさにつながるよう、投資先企業と消費者であるお客さまが対話できる交流セミナーにも積極的に取り組んでいます。

投資先企業の評価基準

目に見える財務情報だけでなく、企業文化や経営力やステークホルダーとの対話など、“見えない価値”にも着目し、投資先の企業を厳選します。 具体的には「5つの軸」(4つの力と企業文化)によって投資先企業を選定、評価しています。

コモンズ30ファンドの「5つの軸」~4つの力と企業文化~

【見える価値】

収益力
営業利益率、ROEなどの財務的価値に優れ、長期的な成長または安定が見込まれる。配当などの資本政策が明確である。

【見えない価値】= 非財務情報

競争力
競争力の源泉を理解し、その強さを支えるビジネスモデルを磨き続けている。技術やサービスの開発、市場の開拓にも積極的に取り組んでいる。
経営力
経営トップが長期的な企業価値向上に対する意識が高く、それを支える持続的な経営体制の高度化に取り組み、社外取締役、株主など外部からの知見も経営に反映している。
対話力
顧客、社員、取引先、株主、社会などステークホルダーとの対話姿勢を重視している。対話を通じた持続的な価値創造に取り組んでいる。
企業文化
明確に定義された企業理念・価値観を組織内に共有し、浸透させることで具体的な行動に結び付けている。企業文化が、組織横断的な横串となり組織力を高めている。

投資先企業

コモンズ30ファンドでは、約3700社の上場企業の中から長期的に成長が可能と判断したわずか1%未満の30社程度に投資をすることで、高い運用成果を目指しています。

■コモンズ30ファンド 投資プロセス・イメージ図

コモンズ30ファンド 投資プロセス・イメージ図

コモンズ30ファンド 投資プロセス・イメージ図

  • 交付目論見書(2017年9月19日)より。松井証券で加工。

■コモンズ30ファンド投資先企業の中から5社ご紹介(2017年7月末時点)

企業名 未来コンセプト コモンズの視点
セブン&アイ・HD 生活
ソリューション
変化への対応、基本の徹底という企業文化が浸透しており、セブンイレブンの卓越したマーケティング戦略、北米でのコンビニ買収など海外戦略などでさらなる高みを目指しています。コンビニの中で、同社にぴったりくる表現として、「ダントツセブン」、「流通革命の中で、良いポジショニング」という感じです。
日立製作所 社会インフラ 2008年度の巨額赤字後、マネジメントの強力なリーダーシップで進められた構造改革で強靭な組織になり、収益体質も強化。「インフラとITをつないで、世の中を便利にする」をモットーに、グローバルでの展開を加速。重視する「ダイバーシティ」が、成長の大きな武器となっています。
シスメックス ウェルネス 血液検査機器では、国内第1位、世界第10位、特に血球計数分野では世界No.1の実力を誇ります。更に、赤血球分析から免疫、DNA、大学、研究所、病院を顧客に急発展し、サスティナブル企業として成長を続けています。
デンソー 未来移動体 1949年にトヨタ自動車から分離独立し「日本電装」として創業。自動車市場の拡大や自動車のモジュール化(複数の機能をまとめた部品にすること)などが追い風となります。今後の成長が期待される自動運転では、ソフトウエア開発に注力するとともに、技術力を武器に強みを発揮していく見込みです。
ユニ・チャーム ライフサイクル これまで培ってきたマーケティング力を生かし、新興国ではトイレタリーで、先進国ではペットケアでの成長を目指しています。経営の仕組み化や、他社から学び継続的改善をおこなっていることは、強みの一つです。
  • 当ファンドが独自に行っている業種分類です。以下のように10種類に分類を行っております。
    【コモンズ未来コンセプト10】「資源・エネルギー」「新素材」「精密テクノロジー」「ウェルネス」「生活ソリューション」「社会インフラ」「未来移動体」「快適空間」「地球開発」「ライフサイクル」
  • ファンドの組入銘柄の参考情報を提供することを目的としており、特定銘柄の売買などの推奨、また価格などの上昇や下落を示唆するものではありません。
  • 交付目論見書(2017年9月19日)より。

投資先の選定について

  • 投資先企業の選定は、投資委員会にて行っています。
  • 投資委員会メンバーは、経営者、ファンドマネージャー、アナリストなど様々なバックグラウンドを持ち豊富な経験を持ったメンバーで構成され、多様な視点で議論します。ポートフォリオへの新規組入、売却についてはメンバーの全員一致で決定されることが特徴です。投資委員会は月2回を原則に、緊急性が高い時は臨時にも開催しています。

基準価額の推移

コモンズ30ファンドのこれまでの歩みを表した、基準価額推移のグラフです。

基準価額の推移

  • 基準価額は、分配金(税引前)を分配時に再投資したものと仮定して計算した価額です。
  • TOPIXについては、わが国の株式市場全般の動きを示す指標として参考掲示したもので、コモンズ30ファンドにベンチマークはありません。
  • TOPIXは設定時を10,000として指数化したコモンズ投信(株)計算値です。
  • 上記グラフと投資パフォーマンスは、過去一定期間における実績を示したものであり、将来の運用成果を予想、あるいは保証するものではありません。

コモンズ30ファンド説明動画

「コモンズ30ファンド」は
松井証券で100円から購入できます

コモンズ30ファンド

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

投信サポート

0120-981-486(IP電話等)03-5216-0626

受付時間 / 平日 08:30~17:00

「コモンズ30ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 国内外の株式等を主な投資対象とするため、組み入れた株式の価格の変動や、発行体の信用状況の悪化、為替変動や金利変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 30銘柄程度に集中投資を行うため、他のファンドに比べ1銘柄が全体に及ぼす影響が大きくなる傾向にあります。そのため、各種リスクが比較的高くなる可能性があります。
  • 取引手数料および信託財産留保額はかかりません。
  • 信託報酬(上限、税込)は年率1.0584%、その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等記載することができません。
  • 分配金は投資信託の純資産から収益を超えて支払われる場合があります。また、減少する場合や支払われなくなる場合があります。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク