げんせん投信 追加型投信/国内/株式 げんせん投信 追加型投信/国内/株式

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2018年5月15日

ファンドの特色

1日本企業の株式に投資します。

株式市場が大幅に下落する可能性が高いと判断する場合には、株式の実質組入比率を引下げることがあります。

  • 株式の実質組入比率調整のために、株価指数先物取引等を活用します。

2長期的な観点から、収益力向上により株価上昇が期待される銘柄に“厳選”して投資します。

3財務データとして確認できる情報だけではなく、企業の競争力の“源泉”である経営力・組織力などの「目に見えない資産」を重視して銘柄選定を行います。

競争力の“源泉”である「目に見えない資産」を重視

  • 「組織資産」「人的資産」「顧客資産」など、企業の競争力の“源泉(げんせん)”である「目に見えない資産」を重視して銘柄選定を行い、株価上昇が期待される銘柄に“厳選(げんせん)”して投資します。
  • 「目に見えない資産」の質を決めるのは経営トップであると考えており、「目に見えない資産」の評価に当たっては経営トップの定性評価を重視しています。
企業価値における「目に見える資産」と「目に見えない資産」

企業価値における「目に見える資産」と「目に見えない資産」

企業価値における「目に見える資産」と「目に見えない資産」

  • 出所:バリュークリエイト社の企業価値評価のフレームワークをもとに、ニッセイアセットマネジメントが作成。

競争力の“源泉”を見極めて成長の持続性を評価

  • 「目に見えない資産」の評価を重視するのは、変化の激しい競争環境の中で持続的に成長する企業を発掘するためには、企業の競争力の“源泉”を見極める必要があると考えているためです。
  • 「目に見えない資産」の評価により業績予想の精度を高め、企業の成長シナリオの実現可能性を評価し、投資銘柄を厳選します。
企業の成長シナリオのイメージ

企業の成長シナリオのイメージ

組入上位銘柄

  銘柄 業種 比率 銘柄解説
1 エフピコ 化学 3.4% 食品トレー、弁当・総菜容器の国内最大手。製品開発力、生産能力、物流網等において下位メーカーとの差は大きく、圧倒的なポジショニングを確立。中食市場の成長の恩恵をフルに享受し続け、安定した成長が続くことが期待される。
2 ニトリホールディングス 小売業 3.3% 家具・インテリア製造小売で国内最大手。国内はこれまで手薄であった都市部を深耕。海外は中国進出に注力。アジアの協力工場との協業体制を構築しており、競争力のある製品を開発し続けている。
3 オリエンタルランド サービス業 3.1% 国内最大級のテーマパーク、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーを運営する。大型アトラクションの新設は2020年と先だが、パレードの改装や季節限定イベントなどでリピーターの満足度を維持。安定的なキャッシュフローを創出している。
4 サイバーエージェント サービス業 2.9% ネット広告代理店として国内最大手。ネットメディアやスマートフォン向けゲームなどの消費者向けサービスも展開する。足元はネットテレビ局「アベマTV」へ積極投資。将来の収益の柱に育てる狙い。
5 ヤクルト本社 食料品 2.8% 乳酸生菌飲料の老舗。女性訪問販売員「ヤクルトレディ」による独自の直販ネットワークが強み。世界各国で同様のビジネスモデルを構築するが、近年は中国を始めとしたアジアにおいて高い成長を続けている。
  • 2018年3月末時点、マザーファンドの組入上位銘柄。比率は対組入株式評価額比。

運用実績

基準価額・純資産の推移

基準価額・純資産の推移

基準価額・純資産の推移

  • データ期間:2017年6月2日~2018年3月30日。
  • 基準価額は信託報酬控除後。税引前分配金再投資基準価額は分配金(税引前)を再投資したものとして計算。
  • 過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • 本ページはニッセイアセットマネジメント作成の販売用資料(2018.3)、マンスリーレポート(2018年3月末現在)より抜粋して作成。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「げんせん投信」のリスクおよび手数料等について

  • 国内株式を主な投資対象とするため、組み入れた株式の株価下落や、発行者の信用状況の悪化等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料および信託財産留保額はかかりませんが、信託報酬等の諸経費を負担いただきます。
  • 信託報酬(上限、税込)は年率0.9990%です。その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク