東京海上・グローバルヘルスケアREITオープン 東京海上・グローバルヘルスケアREITオープン

更新日:2019年10月25日

  • 本動画は、東京海上アセットマネジメントが作成した動画です。

ヘルスケアREITの組入物件

ヘルスケアREITの組入物件

ヘルスケアREITの組入物件

  • (出所) メロン・インベストメンツ・コーポレーションが提供する資料を基に東京海上アセットマネジメント作成
  • ヘルスケアREITの組入物件は、上記に限定されるものではありません。
  • ヘルスケアREIT市場の約8割(2019年4月末時点)を占める米国ヘルスケアREIT市場を参考にしています。

ヘルスケアREIT市場の概要

  • 世界のヘルスケアREIT市場の規模は約1,449億米ドル(約16.1兆円)となっており、そのうち約8割を米国の銘柄が占めています。
  • 米国でみると、米国ヘルスケアREIT市場は、米国REIT市場の約10%を占めています。
  • 米国ヘルスケアREIT市場は、今後も高齢化やヘルスケア施設に対する需要拡大等を背景に、新規上場、合併、買収を繰り返しながら、拡大が続くと考えられます。

ヘルスケアREIT市場の概要

ヘルスケアREIT市場の概要

  • (出所) 東京海上アセットマネジメント作成
  • 上記は、過去の実績であり、将来の動向を示唆・保証するものではありません。

ヘルスケア市場の成長性

  • 今後本格化する米国ベビー・ブーマー世代※1の高齢化など、先進国の高齢化の進展を背景に、医療や介護などのヘルスケア関連市場の成長が続くと考えられます。
  • 米国では、人口の約15%程度にすぎない65歳以上がヘルスケア関連支出の3割程度を占めており、今後の高齢化に伴い、ヘルスケア関連支出がさらに増加すると予想しています。

ヘルスケア市場の成長性

ヘルスケア市場の成長性

  • (出所) 東京海上アセットマネジメント作成
  • ※1米国ベビー・ブーマー世代とは、1946~64年生まれの世代
  • ※22000年、2010年は推定値、2020年以降は予測値
  • 上記は、過去の実績および将来の予想であり、将来の動向を保証するものではありません。

配当利回りが相対的に高くなる背景

  • ヘルスケアREITは、一般的なREITが行う賃貸事業に比べて、付加価値の高い施設を賃貸しているため、賃料が高めに設定される傾向があると考えられます。また、施設運営者(オペレーター)と共同でヘルスケア施設を運営することにより、施設運営事業から得られる収入も、不動産賃貸から得られる賃料収入に上乗せされることがあります。
  • オペレーターと長期契約を結ぶことができるため、受け取る賃料水準は安定しやすくなります。

配当利回りが相対的に高くなる背景

配当利回りが相対的に高くなる背景

  • (出所) 東京海上アセットマネジメント作成
  • 上記は、過去の実績であり、将来の動向を示唆・保証するものではありません。
  • ヘルスケアREIT市場の約8割(2019年4月末時点)を占める米国ヘルスケアREIT市場を参考にしています。

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

投信サポート

0120-981-486(IP電話等)03-5216-0626

受付時間 / 平日 08:30~17:00

  • 本ページは東京海上アセットマネジメント作成の販売用資料(2019年7月)等をもとに当社が作成したものです。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「東京海上・グローバルヘルスケアREITオープン」のリスクおよび手数料等について

  • 国内外のREITを主な投資対象とするため、発行者の信用状況の悪化、流動性の低下、為替の変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および信託報酬は次のページをご確認ください。

    毎月決算型

    年1回決算型

    (為替ヘッジあり)毎月決算型

    (為替ヘッジあり)年1回決算型

  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 分配金は投資信託の純資産から収益を超えて支払われる場合があります。また、減少する場合や支払われなくなる場合があります。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書、目論見書の「収益分配金に関する留意事項」等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
  • 毎月分配型投資信託に関する松井証券の考え方

関連リンク