イノベーション・インデックス・フィンテック  追加型投信/内外/株式/インデックス型 イノベーション・インデックス・フィンテック  追加型投信/内外/株式/インデックス型

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2020年4月10日

ピクテ投信のフォローアップ動画公開中!市場動向とファンドへの影響を確認(YouTubeが開きます)

主に世界の高配当利回りの公益株に投資します

「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド」は、日常生活に不可欠な公益サービスを提供する世界の公益企業が発行する株式を主な投資対象とします。

公益企業には電力・ガス・水道・電話・通信・運輸・廃棄物処理・石油供給などの企業が含まれます。これらの公益株の中から、配当利回りの高い銘柄に注目して投資を行います。公益企業は、日常生活に不可欠な公益サービスを提供しているため、一般的に大規模で収益基盤が安定している企業が多くあります。

一般的なモノやサービス

たとえば自動車や住宅の購入、旅行などレジャーへの支出は、好景気のときは大きく増加する傾向にあると考えられますが、一方で、不景気のときにはこれらの購入・支出が控えられる傾向にあると考えられます。

公益サービス

電力・ガス・水道・電話などは日常生活に不可欠なサービスですので、景気の良し悪しにかかわらずこれらのサービスを提供する公益企業の実績は相対的に安定していると考えられます。

  • 上記は一般的な傾向を示すものであり、実際の状況と異なる場合があります。

  • 上記はあくまでも主な投資対象の概要であり、実際に投資する銘柄の選択は投資プロセスに沿って行われます。また、イメージ図であり、実際の状況とは異なる場合があります。

安定だけではない、公益企業の成長力

安定性が魅力の一つである公益企業ですが、長期的な成長機会にも恵まれていると考えられます。

拡大する電力需要

世界の電力需要は、人口増加や経済成長を背景に拡大を続けることが予想されています。
また、電気自動車などの「電力を使う製品の増加」も、世界的な電力需要の拡大を後押しする要因になると考えられます。

<世界の電力需要の推移>
年次、期間:1980年~2035年

1980年〜2014年は実績、2015年〜2016年は推定、2017年〜2035年は予測

  • 新興国: 非OECD加盟国、先進国:OECD加盟国(主に先進国)
  • 出所: U.S. Energy Information Administration(EIA)、The International Energy Agency(IEA)(予想)のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

データ通信量の増大

スマートフォンやクラウドサービスの普及とともに、データ通信量は飛躍的な増加を遂げています。
また、5G(第5世代移動通信システム)やIoT(モノのインターネット化)といった技術革新も、データ通信量の増大を加速させると考えられます。

<世界のデータ通信量の推移>
年次、期間:2011年~2020年

  • 出所: 情報通信白書 2017年、CISCO VNI MOBILE のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

特定の銘柄や国に集中せず、分散投資します

世界の地域・国・銘柄に分散投資し、リスクの低減を図ります。

実質的に投資対象とする主な地域・国

  • 実際の投資にあたっては、上記の地域・国すべてに投資するわけではなく、またこれら以外の地域・国に投資することもあります。
  • 本ページはピクテ投信投資顧問作成の交付目論見書(2018/11/10)や特集ページをもとに松井証券が作成したものです。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 世界の公益サービスを提供する公益企業が発行する株式を主な投資対象とするため、組み入れた株式の株価下落や、発行者の信用状況の悪化、経済状況の悪化、為替変動や流動性の低下等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および投資対象ファンドの信託報酬を含めた信託報酬(実質)は次のページをご確認ください。

    ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

    ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)

  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書、目論見書の「収益分配金に関する留意事項」等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク