グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド

更新日:2020年6月26日

グローバルで拡大を続けるヘルスケア業界

わたしたちの生活に欠かせないヘルスケア。
今後、先進国の高齢化の進展や新興国の所得増加、バイオ医薬品の発展などによりヘルスケア業界は成長が見込まれ、いま、長期的な投資対象としての魅力が高まっています。

ヘルスケア業界3つの成長ポイント

先進国の高齢化

先進国では高齢化が一段と進展し、2040年には4人に1人が65歳以上となる見込みです。
先進国の年間医療支出は、右肩上がりで増えており、2018年には2000年の約2.6倍となる752兆円になりました。

先進国の65歳以上の割合

先進国の65歳以上の割合

  • 上記は国連による推計値です。なお、先進国は国連の定義によります。
  • (出所)国連のデータを基に三菱UFJ国際投信作成

先進国の年間医療支出

先進国の年間医療支出

  • 先進国はOECD(経済協力開発機構)加盟国と定義しています。
  • 為替は2020年2月末現在の為替レート(1米ドル=107.89円)で換算しています。
  • (出所)OECDのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

新興国の所得増加

経済成長にともなう所得の増加により、食事などの生活スタイルが変化したことで、生活習慣病のリスクが増大しています。
現在、新興国の1人あたりの年間医療支出は、先進国に比べると少ないですが、所得増加等に伴い、今後先進国に近づくことが予想されます。

糖尿病患者数 上位5ヵ国

糖尿病患者数 上位5ヵ国

  • (出所)国際糖尿病連合(IDF)のデータを基に三菱UFJ国際投信作成

1人あたりの年間医療支出

1人あたりの年間医療支出

  • 為替は2020年2月末現在の為替レート(1米ドル=107.89円)で換算しています。
  • (出所)世界銀行、IMF World Economic Outlook Database October 2019、Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

バイオ医薬品の発展

一般医薬品とバイオ医薬品の違い

一般医薬品とバイオ医薬品の違い

バイオ医薬品の発展に注目する理由

バイオ医薬品の発展に注目する理由

バイオ医薬品市場の拡大

バイオ医薬品の売上高は、年々増加してきました。
今後も難治療分野への展開が見込まれることから、売上高は増加すると予想されています。

世界の医薬品売上高とバイオ医薬品の売上高シェア

売上高TOP10のうち、主なバイオ医薬品

  • 為替は2020年2月末現在の為替レート(1米ドル=107.89円)で換算しています。
  • (出所)セジデム・ストラテジックデータ、研ファーマ・ブレーン、EvaluatePharmaの資料、国立医薬品食品衛生研究所ホームページを基に三菱UFJ国際投信作成

テクノロジーの進化が成長ドライバーに

バイオ医薬品の売上高は、年々増加してきました。
今後も難治療分野への展開が見込まれることから、売上高は増加すると予想されています。

  • 期間:2001年9月末~2019年8月末、3ヵ月毎(2003年10月末までは半年毎、それ以降は3ヵ月毎)
  • 為替は1ドル109.49円(2019年11月29日時点)で計算。
  • 出所:National Human Genome Research instituteのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

すでに、実用化されているテクノロジー

「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」は
100円から購入できます。
基準価額などはここから確認!

投資信託 毎月現金還元サービス

まだ投資信託口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

投信サポート

0120-981-486(IP電話等)03-5216-0626

受付時間 / 平日 08:30~17:00

  • 本ページは三菱UFJ国際投信作成の目論見書および販売用資料(2020年5月)をもとに当社が作成したものです。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 国内外の株式を主な投資対象とするため、株価の下落や為替変動、発行者の信用状況の悪化、流動性の低下等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および信託報酬は次のページをご確認ください。

    グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド

    グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(為替ヘッジあり)

  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク