バイオ医薬品関連企業に注目 バイオ医薬品関連企業に注目

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2019年7月26日

バイオ医薬品関連企業に注目

ヘルスケア・バイオ関連産業のなかでも、バイオ医薬品関連企業を主な投資対象とします。

ヘルスケア・バイオ関連産業

ヘルスケア・バイオ関連産業

バイオ医薬品とは?

免疫力の低下や体の機能の異常といった病気の原因に直接働きかけるなどして治療する薬です。

一般医薬品とバイオ医薬品の違い

一般医薬品

バイオ医薬品

※写真はイメージ図です。

バイオ医薬品の強み・特徴

  • 体の悪いところにピンポイントで作用するため、比較的副作用が少ない。
  • 生物や自然の力を活用するので体に優しい。
  • 近い将来、技術革新により不治の病とされている疾患を持つ患者を助けることができる可能性を秘める。

なぜ、バイオ医薬品関連企業に注目するのか?

世界で進む高齢化と難病の克服期待

  • 先進国を中心に高齢化が加速しており、先進国の65歳以上の人口は2030年に2億9,000万人に増加すると予想されています。
  • 高齢化の進展は、がんをはじめとした難病にかかる人の増加にもつながることが懸念されています。

先進国の65歳以上の人口と人口構成比
(期間:1980年~2030年予想)

先進国の65歳以上の人口と人口構成比

  • 出所: 総務省統計局のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

がんの年間新患者数
(2008年、2030年予想)

がんの年間新患者数

  • 世界で1年間にがんにかかった人の数
  • 出所: WHO「Global Status Report on ND」のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

高い成長力

成長を続けるバイオ医薬品関連企業は、米国の大手医薬品企業を上回る売上高の伸びも予想されています。

バイオ医薬品関連企業と米国大手医薬品企業の売上高推移
(年次、米ドルベース、2001年=100として指数化、期間:2001年~2017年)

バイオ医薬品関連企業と米国大手医薬品企業の売上高推移

バイオ医薬品関連企業と各指数構成企業の売上高の成長率予想
(2017年度実績~2020年度予想の今後3年間の年率成長率、ブルームバーグ集計アナリスト予想平均、2018年11月30日現在)

バイオ医薬品関連企業と各指数構成企業の売上高の成長率予想

  • バイオ医薬品関連企業:ナスダック・バイオテック指数構成銘柄、米国大手医薬品企業:S&P500医薬品指数構成銘柄、米国企業:S&P500全構成銘柄
  • 1株あたり売上高のデータを使用し試算
  • 出所: ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記は過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

  • 本ページはピクテ投信投資顧問作成のWEBサイトおよび販売用資料(2019/1)をもとに当社が作成したものです。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「ピクテ・バイオ医薬品ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 国内外の株式を主な投資対象とするため、株価の下落や発行者の信用状況の悪化、流動性の低下、為替の変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および信託報酬は次のページをご確認ください。
  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 分配金は投資信託の純資産から収益を超えて支払われる場合があります。また、減少する場合や支払われなくなる場合があります。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書、目論見書の「収益分配金に関する留意事項」等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク