新シルクロード経済圏ファンド 追加型投信/海外/株式 新シルクロード経済圏ファンド 追加型投信/海外/株式

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2019年8月23日

  • 本動画は、日興アセットマネジメントが作成した動画です。

自由貿易を求め、今まさに脚光を浴びる「一帯一路」構想

2016年以降、米国・英国が急速に自国優先主義へとシフトするなか、「一帯一路」構想を打ち出した中国は自由貿易重視の姿勢を明確にしており、これに同調する多くの国々からの支持を集めています。

  • 2019年4月現在
  • AIIBのホームページなどをもとに日興アセットマネジメントが作成
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

「一帯一路」構想が目指す一大経済圏の形成

  • 「一帯一路」構想は、2013年に中国で提唱された、中国と欧州を陸上および海上で結ぶ広域経済圏構想です。
  • この構想では、インフラ投資のみならず、自由貿易協定や民間交流などでの協力も掲げられており、単なる開発
    プロジェクトにとどまらない壮大な相乗効果が期待されます。

  • 2019年3月末時点
  • 中国国務院などの情報をもとに日興アセットマネジメントが作成

イノベーション力を背景とした新ビジネスの拡がり

新シルクロード経済圏には「中国のシリコンバレー」と呼ばれる深センなどの、イノベーションを牽引する大都市が数多く存在します。今後、新シルクロード経済圏の発展とともに、新ビジネスの活躍の場が拡がることが期待されます。

  • 深セン証券取引所の創業板。革新的企業や成長中のベンチャー企業が中心の新興企業向け株式市場。
  • 上記銘柄の組入れを約束するものでも、売買を推奨するものでもありません。関連企業の当ファンドへの組入れを示唆するものではありません。
  • 日興アセットマネジメント作成
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

投資対象国・地域のご紹介

当ファンドの投資対象国・地域は、新シルクロード経済圏の国・地域から株式市場の流動性等を勘案して、以下の22ヵ国・地域としています。

  • 上記は2019年5月末現在の投資対象国・地域であり、将来変更となる場合があります。
  • 日興アセットマネジメント作成

世界の中での投資対象国・地域の存在感

  • 当ファンドの投資対象国・地域となる22ヵ国・地域で算出
  • ** IMFの定義から新シルクロード経済圏各国・地域を除いたもの
  • *** MSCIの定義から新シルクロード経済圏各国・地域を除いたもの
  • 株式時価総額は、MSCI各国・地域指数の数値です。
  • 各比率は四捨五入しており合計が100%とならない場合があります。
  • IMFなど信頼できると判断した情報をもとに日興アセットマネジメントが作成
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 本ページは日興アセットマネジメント作成のWEBサイトおよび販売用資料(2019/5)をもとに当社が作成したものです。
  • 上記はあくまでも過去の実績であり、将来の動向や運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

「新シルクロード経済圏ファンド」のリスクおよび手数料等について

  • 海外の株式を主な投資対象とするため、株価下落や発行者の信用状況の悪化、流動性の低下、為替の変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料、信託財産留保額および信託報酬は次のページをご確認ください。
  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク