トルコ株式オープン 追加型投信/海外/株式 トルコ株式オープン 追加型投信/海外/株式

お知らせ

2020年4月より投信現金還元サービスを開始します。還元される金額は次のリンク先でシミュレーションすることができます。

更新日:2018年2月21日

トルコ株式オープンは、中長期的に高い経済成長が期待できるトルコの株式に投資するファンドです。
トルコはアジアと欧州の接点に位置し、古くから「東西文明の十字路」として栄え、今後も貿易の拡大による経済の成長が見込まれます。また、約8,000万人もの人口を抱え、若年層が多い人口構成であることから内需の拡大も期待できます。
政治リスクや地政学リスクに十分配慮した上で、トルコへの投資機会をお届けします。

トルコの魅力

恵まれたロケーションを成長の原動力へ

15億人市場にアクセス可能な地理的な優位性を活かして、周辺諸国の需要も取り込み成長を加速させています。
工業立国を目指すトルコ政府は、周辺諸国と積極的に「地域貿易協定(RTA)※」(59カ国*1)を結んでおり、トルコ企業の成長を後押ししています。

  • 地域貿易協定(RTA)とは、自由貿易協定(FTA)と関税同盟との総称です。 *1)2017年10月26日現在
トルコ周辺経済圏と輸出額の伸び率

トルコ周辺経済圏と輸出額の伸び率

トルコ周辺経済圏と輸出額の伸び率

  • IMF World Economic Outlook Database, October 2017、Turkish Statistical Institute、WTO HPより作成
    *2)2000年~ 2016年 輸出額の年平均成長率を算出  *3)輸出品目は2017年10月3日現在  *4)2016年の名目GDPおよび人口はIMF推計値
    欧州(東欧除く)、東欧・ロシア圏、北アフリカ、中東・西アジアの該当国は、IMFによる分類を元に損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントが分類しています。地図内の色分けされている部分が主な対象国です。
    なお、輸出品目は、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントの判断により各地域の以下の主要国データを元に算出しています。
    欧州(東欧除く):ドイツ、フランス、英国、イタリア/東欧・ロシア圏:ルーマニア、ブルガリア、ポーランド、ロシア、アゼルバイジャン/北アフリカ:エジプト、リビア/中東・西アジア:イラン、UAE、サウジアラビア

経済成長が著しい周辺諸国の需要を取り込み成長

EUのみならず、EU圏以外の地域とも貿易関係の強化を図っています。
これからの成長が期待できる中東・西アジアとの2016年の貿易額は、2000年から約13倍に拡大しています。

トルコ周辺国への輸出額の推移

トルコ周辺国への輸出額の推移

トルコ周辺国への輸出額の推移

  • 出所:Turkish Statistical Instituteより作成
  • 期間:2000年~ 2016年
    欧州、東欧・ロシア圏、北アフリカ、中東・西アジアの該当国は、前項参照。

増える労働人口と人口ボーナス

増える労働人口と人口ボーナス

トルコと主要新興国の人口ボーナス期*

トルコと主要新興国の人口ボーナス期

トルコと主要新興国の人口ボーナス期*

  • 人口ボーナス期が2000年より以前からスタートしている部分及び2050年以降は掲載せず。
  • 出所:国連 World Population Prospects,The 2017 Revision より作成

トルコ労働人口

* 人口ボーナス期

  • 「生産年齢人口(15 ~64才人口)/従属人口(15才未満+65才以上の人口)」の値が2以上になる、経済成長が加速しやすい期間のことです。

(ご参考)日本における過去の事例

日本の人口ボーナス期は1960年代後半~2000年代前半、ピークは1980年代後半でした。

日経平均株価と人口ボーナス期の関係

日経平均株価と人口ボーナス期の関係

日経平均株価と人口ボーナス期の関係*

  • 出所:Bloomberg、IMF World Economic Outlook, October 2017、国連 World Population
    Prospects,The 2017 Revision より作成 期間:1970年12月末~2016年12月末

ボーナス期のスタートとピークの日経平均株価

トルコ株式市場の将来性

割安感の強いトルコ株

株式時価総額は、経済成長と相関関係にあり、経済の成熟度合いに応じて名目GDPに近づいていく傾向にあります。
名目GDPに対する株式時価総額比率は3割程度と低水準にあり、今後更なる上昇が期待されます。

株式市場時価総額(対名目GDP 比)

株式市場時価総額(対名目GDP 比)

株式市場時価総額(対名目GDP 比)

  • 出所:Bloomberg, IMF World Economic Outlook Database, October 2017より作成。
  • 中国の名目GDP・株式市場時価総額は香港を含みます。名目GDPは2017年IMF推計値、株式市場時価総額は2017年10月末現在にて算出。
トルコの名目GDP とイスタンブール証券取引所時価総額

トルコの名目GDP とイスタンブール証券取引所時価総額

トルコの名目GDP とイスタンブール証券取引所時価総額

  • 2017、2022年名目GDPはIMF推計値。
    2022年のイスタンブール証券取引所時価総額は、2022年のトルコの名目GDP(予測値)と2017年10月末時点のBRICsの名目GDP比の平均値を元に算出。

株式・為替市場の推移

トルコ株式市場の推移(2009年8月末~2017年8月末)
  • イスタンブール証券取引所は、外国人投資家の規制はなく、システム決済を採用している先進的な株式市場です。

トルコ株式市場の推移(2009年8月末~2017年8月末)

トルコ株式市場の推移(2009年8月末~2017年8月末)

  • 出所:Bloomberg、イスタンブール証券取引所より作成
時価総額 上場銘柄数 1日平均取引高
約2,416億米ドル 380 約17.7億米ドル
  • 2017年8月末時点
トルコリラの推移(2000年1月1日~2017年8月末)

トルコリラの推移(2000年1月1日~2017年8月末)

トルコリラの推移(2000年1月1日~2017年8月末)

  • 出所:Bloomberg、イスタンブール証券取引所より作成
  • 2001年2月にドル・ペッグ制を廃止して以降、事実上の変動相場制へ移行。
  • 2005年1月より、100万分の1のデノミネーションを実施。新トルコ・リラ(YTL)を導入。
    ※グラフは修正済のチャートです。
  • 2009年1月より、新トルコ・リラは「トルコ・リラ」へ。
  • 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント社の販売用資料(作成年月:2017年10月)をもとに当社が作成したものです。

「トルコ株式オープン」のリスクおよび手数料等について

  • トルコ株式を主な投資対象とするため、株価の下落、発行者の経営破綻・信用状況の悪化、為替変動等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 同国の株式市場を代表する指数には、構成比率が10%を超える可能性の高い銘柄が存在します。当ファンドの運用にあたっては、同一銘柄を純資産総額の10%を超えて組入れる可能性があるため、他のファンドに比べ1銘柄が全体に及ぼす影響が大きくなる傾向にあります。そのため、各種リスクが比較的高くなる可能性があります。
  • 取引手数料はかかりません。解約時は信託財産留保額0.3%が発生します。
  • 信託報酬(上限、税込)は年率1.944%です。
  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク