TORANOTEC アクティブジャパン 追加型投信/国内/株式 TORANOTEC アクティブジャパン 追加型投信/国内/株式

「数倍化」する可能性のある銘柄を発掘

数倍化に繋がる3つの条件を精査

「TORANOTECアクティブジャパン」は、長年の運用経験を持つファンド責任者の黒田毅氏のもと、数倍化に繋がる銘柄を発掘するため、日本の中小型株式を対象に「成長」・「割安」・「変化」といった3つの条件を精査し、投資するファンドです。

数倍化に繋がる3つの条件を精査

【成長】売上・利益の成長、ニッチ分野、IPO
【割安】市場の認知不足
【変化】復活・再生シナリオ、経営の変革、ビジネスサイクル

過去5年間(2018年3月末時点)のリターンが大きい銘柄トップ10

過去5年間(2018年3月末時点)のリターンが大きい銘柄トップ10

過去5年間(2018年3月末時点)のリターンが大きい銘柄トップ10

  • (出所)Bloombergのデータを基にTORANOTEC投信投資顧問作成
  • ファンドの組入れ銘柄の時価が数倍上がるという保証はありません。ファンドは複数の銘柄に投資するため、一部の銘柄の時価が高騰した場合にも、他の銘柄の時価が下落した場合には、ファンドの基準価額は下落する可能性があります。
  • 過去5年間のリターンが大きい銘柄トップ10は、銘柄のリターンを集計した結果であり、本ファンドに組み入れる銘柄であることを示唆・保証するものではありません。

資産保全を優先

重大な政治イベントや企業の決算発表などで市場が荒れそうな時は、株式組み入れ比率を柔軟に調節して、相場の変動に備えます。

警戒時は株式組み入れ比率を柔軟に調節して備える

  • 市場環境によっては、想定通りの投資行動がとれないことがあります。

基準価額の推移

設定来9か月間のパフォーマンスは好調といえます。

当ファンドの基準価額の推移

当ファンドの基準価額の推移

  • 当ファンドにベンチマークはありません。参考指標としてTOPIX Small配当込み株価指数を記載しています。
  • (出所)2017年9月29日を10,000として、TORANOTEC投信投資顧問作成(2018年6月29日基準)
  • 上記は、過去の実績を示したものであり、将来におけるパフォーマンスを保証するものではありません。

「TORANOTEC アクティブジャパン」のリスクおよび手数料等について

  • 国内の株式等を主な投資対象とするため、組み入れた株式の価格の変動や、発行体の信用状況の悪化、為替変動や流動性の低下等の影響による基準価額の下落により、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引手数料および信託財産留保額はかかりませんが、信託報酬等の諸経費を負担いただきます。
  • 信託報酬(上限、税込)は年率0.864%です。
  • その他の費用・手数料については、監査費用等を信託財産からご負担いただきます。これらの費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ上限等を記載することができません。
  • 投資にあたっては、当社WEBサイトの目論見書等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

関連リンク