3.円高トレンドにも対応可能

円買い注文(例:USドル売り円買い)から取引が始められるため、円高局面においても利益を追求できます。

どうして円高の時にも利益を追求できるの?

一般的な外貨投資では「円でUSドルを買う」というような取引を行います。
これをFXで行う場合、正確には「証拠金を担保に円を借り、借りた円を売ってUSドルを買う」ということになります。買ったドルの価値が円に対して上がれば(例:1ドル=100円→105円)、ポジション解消時に利益を得ることができます。

FXの場合、これとは反対の「USドルで円を買う」といった形態の取引もできます。
これは「証拠金を担保にUSドルを借り、借りたUSドルを売って円を買う」ことを意味します。
買った円の価値がドルに対して上がれば(例:1ドル=100円→95円)、ポジション解消時に利益を得ることができます。

このように、円高局面においても利益を追求することができるので、今後、円が上昇すると考える場合には、どの通貨に対して上昇するのかを検討後、流動性や金利差なども加味してポジションを建てることになります。

まだFX口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて