3つの信用取引の違い

制度信用取引・無期限信用取引・一日信用取引の違い

松井証券の信用取引は①制度信用取引、②無期限信用取引、③一日信用取引の3種類があります。

制度信用取引 無期限信用取引 一日信用取引
取扱銘柄(※1) 取引所が指定する制度信用銘柄 新規買:取引所に上場する全銘柄
新規売:当社が選定する銘柄
新規買:取引所に上場する全銘柄
新規売:当社が選定する銘柄
  • プレミアム空売り・プレミアム空売りゼロ:それぞれ当社が選定する銘柄
上場後取引開始 取引所が制度信用銘柄に指定してから 上場初日から 上場初日から
弁済期限 新規建日から6か月目応当日まで 原則無期限(※2) 新規建日翌営業日
(新規建日翌営業日には当社の任意で建玉が決済されますので、新規建日の大引けまでに建玉の反対売買または現引・現渡をお願いします※3)
弁済期限(信用期日)に当社任意決済が行われた場合の手数料 約定代金×1%(最低手数料20円(税抜)) 約定代金×0.3%(最低手数料20円(税抜))
委託保証金率 制度信用取引、無期限信用取引、一日信用取引の全ての建玉を合算して計算
手数料
(インターネット経由)(※4)
ボックスレート 新規・返済:無料
現引・現渡:約定代金×0.3%(税抜)(※5)
金利(年率)(※6)
買方金利 3.1%
売方金利 0.0%
貸株料 1.15%
(2013年1月現在)
買方金利 4.1%
売方金利 0.0%
貸株料 2.0%
(2013年1月現在)
買方金利 1注文あたりの約定金額300万円以上:0.0% 1注文あたりの約定金額300万円未満:2.0% (※7)
売方金利 0.0%
貸株料 1注文あたりの約定金額300万円以上:0.0% 1注文あたりの約定金額300万円未満:2.0% (※7)
(2013年1月現在)
プレミアム空売り料 - プレミアム空売りは貸株料に加えて、プレミアム空売り料がかかります。
プレミアム空売り料は日々変動し、受渡ベースの両端入れ(建日、返済日、当社休業日を含む)で1日につき1株あたり、前営業日終値(終値がない場合は各銘柄の主市場における直近の約定価格)×1%が上限です。
銘柄別のプレミアム空売り料は「プレミアム空売り取扱銘柄」からご確認ください。
  • 「プレミアム空売りゼロ」取扱銘柄の場合、プレミアム空売り料はかかりません。
  • ※1 整理銘柄を除く当社取扱銘柄が対象です。当社の判断により取扱対象外となる銘柄があります。
  • ※2 上場廃止、合併、株式併合、株式分割等の事象が発生した場合や、当社の与信管理の都合上、あるいは株式の調達が困難となった場合等において、返済期限(信用期日)が設定されることがあります。
  • ※3 新規建を行った当日の大引けまでに建玉の反対売買または現引・現渡が行われなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済しますが、その際は、約定代金×0.3%(最低手数料20円(税抜))の手数料がかかります。
  • ※4 別途、諸経費がかかります。
  • ※5 現引・現渡を行った場合、当該建玉の新規建手数料として、約定代金の0.3%(税抜)がかかります。
  • ※6 変動する場合があります。
  • ※7 新規建を行った日の翌日以降は、約定金額にかかわらず年利2.0%です。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて