信用取引が必要とされる理由

そもそも信用取引が株式市場で必要とされる理由は、市場参加者がこの制度を利用することにより、多くの株の売買、つまり需給が生まれることで、市場における公正な価格形成が促進されると考えられているからです。

手持ちの資金、保有株の範囲でしか取引ができず、買いからしか取引を始められない現物取引のみでは、需給の偏りにより流動性が不足し、わずかな売買だけで株価が大きく動く危険性もあり、公正な価格形成には不十分な場合があります。

小人数の考えで価格が形成されるより、多くの投資家の価値観が反映される市場の方が、より適正な価格を形成しやすく、その一助として、信用取引が必要になるというわけです。

現物取引と信用取引

信用取引をするには担保(委託保証金)が必要

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて