PTS 特徴・活用例 その1 取引時間が長い

その1 取引所に比べて取引時間が長い!

活用例① 日中は忙しいアナタに!

東証などの証券取引所で取引できるのは9:00~15:00の間だけ。しかも、11:30から12:30の昼休憩の時間帯は取引所も取引時間外なので、今まではリアルタイムで取引に参加できないこともあったはず。
夜遅くまで空いているPTS市場を利用すれば、夜の空いた時間に値動きを見ながら、お取引に参加できるようになります!
更にPTS市場は8:20から取引ができるため、朝活の一環としてお取引いただくのも、いかがでしょうか。

早朝や昼休みも取引できる

活用例② 海外の指標発表や企業決算発表にも素早く対応!

日本の市場が閉まっている間にも、世界の情勢は刻々と変わっていきます。日本の株式市場における海外投資家の割合が6割近いこと等から、日本の株式市場はNY等の海外市場や海外指標の影響を受けることが少なくありません。

東京証券取引所 9時〜15時

NY証券取引所 (日本時間)22時半〜翌6時

また、上場企業の決算は、日本の取引所が終了する前後の14~16時頃に発表されることが多いため、取引所取引の場合は、翌日の取引所が開くまで待つ必要があります。

こうした株価を動かすようなニュースが取引所取引時間外に発表されたとき、PTSを利用すればいち早く対応することができます。

活用例③  日経レバ型ETFの板情報を見ながらナイトトレード

PTSの夜間取引では、日経平均関連のETFが流動性も比較的高く取引がしやすいです。夜間でも日経平均先物のマーケットが動いているため、先物の時価を参考に取引ができます。
値上がりすると思えばレバレッジ(ブル)型、値下がりすると思えばインバース(ベア)型と使い分けることで、どちらの値動きにも対応できます。
リアルタイムで動く板を見ながら、ETFでナイトトレードをしてみてはいかがでしょうか。

PTSの板情報の確認方法

PTSの板情報の確認方法

  • 画像は操作説明に関するものであり、特定の銘柄の取引を推奨するものではありません。

「PTS」のよくあるご質問 もっと見る

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00