PTS 特徴・活用例 その2 呼値の単位が小さい!

その2 呼値の単位が小さい!

PTS取引の呼値の単位は、取引所取引の呼値の10分の1~1,000分の1(※)!そのため、取引所とは異なる価格で約定する可能性が高く、売り・買いともにより有利な価格で取引が成立することがあります。

  • TOPIX100構成銘柄を除く

活用例

PTSでは、取引所の価格よりも有利に約定することがあります。現在値が5,500円の場合、取引所では10円刻みの取引しかできませんが、PTSでは1円刻みの指値が可能なため、より細かい思い通りの取引が可能になります。

活用例1

活用例2

「PTS」のよくあるご質問 もっと見る

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00