お取引の流れ STEP1|取引可能金額を調べる

  1. 1取引可能金額を調べる
  2. 2新規注文する
  3. 3返済注文する

余力情報画面を開く

余力情報画面を開く
  1. 1 「株式取引」を押す。
  2. 2 「余力情報」を押す。
「余力情報」を確認する
  1. 3 「余力情報」を確認する。

口座を開くと、自動的に預けている株式と現金が委託保証金になります

用語集

委託保証金

信用取引を行う際には、「委託保証金」と呼ばれる担保を口座に預け入れる必要があり、これにより委託保証金の約3.2倍の売買が可能になります。
委託保証金には現金と株式(代用有価証券)が充当され、株式については前日の終値の80%に換算します。委託保証金は少なくとも30万円相当の現金か株式(代用有価証券)が必要です。

信用新規建余力

信用取引で取引可能な最大の金額
委託保証金(※)の約3倍の金額ですが、30万円未満では0円になります

  • 現金+(株式評価額×代用掛目<通常80%>)

追証

取引等によって損失が発生すると、追加で委託保証金が必要となります。
これを「追証(おいしょう)」といいます。

リアルタイム維持率

追証が発生するまでの余裕の目安となる数値です。
損失の拡大等で低下し、25%を下回ると追証が発生します。

余裕をもった取引をしましょう

  1. 1取引可能金額を調べる
  2. 2新規注文する
  3. 3返済注文する

松井証券の口座をお持ちでない方

信用取引口座の開設前に、まず「ネットストック口座」を開設してください。

口座開設からお取引の流れ

松井証券の口座をお持ちの方

ネットストックにログインをして、手順に従って進めてみましょう。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、
インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて