株式取引の投資の幅を広げる~信用取引入門~

初心者でも充実のサポートで安心。
松井証券は「信用取引」を始める最初の一歩を応援します。

インターネットで簡単お申込み 信用取引口座はこちら

たったの10分でわかる!信用取引の魅力を動画で解説!

株式投資は始めたけれども、信用取引は難しい、怖いなどのイメージをもたれている方も多いと思われます。
信用取引は、きちんと理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。

1.信用取引の特徴

信用取引の特徴を活用することで、現物取引だけではできなかった「レバレッジを生かした取引」、「売りヘッジ」、「優待取りのつなぎ売り」等が可能になります。

特徴1 レバレッジ効果

資金の約3倍まで取引をすることができる

「レバレッジ効果」とは「てこの原理」のことで、資産運用の場合には、手持ちの資金よりも大きな金額を動かすことをいいます。
信用取引は手持ちの資金に対して、約3倍の取引ができます。そのため、少ない資金で大きな金額の取引ができる一方で、信用取引は使い方次第でハイリスク・ハイリターンの投資行為になることをしっかり認識する必要があります。

特徴2 売建て(うりだて)の活用

相場が下落した時も利益を得る方法がある

信用取引では、「買ってから売る」だけでなく、「売ってから買戻す」(※)ことができるので、相場の下落局面でも収益を得ることが可能です。現物取引と異なり、売りから入るという選択肢が加わることで収益チャンスが倍増します。

2.信用取引の仕組み、現物取引との違い

現物取引は、自分の資金を使って取引します。一方で、信用取引は証券会社から「株」や「現金」を借りて取引します。そのため、現物取引にはないコストや取引のルールがあります。

コスト

株を売買するときにかかる手数料に加えて、信用買いの場合は金利、信用売りの場合には貸株料などの諸経費がかかります。

期日

信用取引はお金や株式を借りることで実現します。普通は何かを借りたら、決められた日までに返さなくてはいけません。信用取引ではこの返済の期限を「期日」と呼んでいます。

信用取引の仕組み、現物取引との違い

  現物取引 信用取引
制度信用取引 無期限信用取引 一日信用取引
手数料(ネット経由)※1 ボックスレート手数料 新規・返済:0円※3
現引・現渡:約条代金×0.3%(税抜)
金利(年率)※4 なし 3.1% 4.1% 0~2%※5
貸株料(年率) なし 1.15% 2.0%
返済までの期日 無期限 新規建日から6か月目応当日まで 原則無期限※2 1日
  • 1 現引・現渡、任意決済手数料を除く。無期限信用取引は、日計り取引の片道手数料と保有期間6か月超の返済手数料は無料です。その他の諸経費等の詳細は、取引ルールでご確認ください。
  • 2 上場廃止、合併、株式併合、株式分割等の事象が発生した場合や、当社の与信管理の都合上、あるいは株式の調達が困難となった場合等において、返済期限が設定されることがあります。
  • 3 新規建を行った当日の大引けまでに建玉が決済されなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済します。その際は、約定代金×0.3%(最低手数料20円(税抜き))の手数料がかかります。
  • 4 変動する場合があります。
  • 5 1注文あたりの建約定代金合計が300万円以上の場合は年利0.0%、1注文あたりの建約定代金合計が300万円未満の場合は年利2.0%となります。なお、新規建を行った日の翌日以降は、約定金額にかかわらず年利2.0%です。

3.松井証券のメリット

ポイント1 お得な手数料

1日の約定代金合計金額 手数料(税抜)
10万円まで

0

30万円まで 300円/0円(※)
50万円まで 500円
100万円まで 1,000円
200万円まで 2,000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超 100,000円(上限)

松井証券の信用取引(制度信用取引・無期限信用取引)の手数料は、シンプルでお得な手数料体系の「ボックスレート」です。

インターネット経由の株式取引で、1日の約定代金合計が現物取引と合わせて一定の範囲内なら、何回取引しても定額料金です。 さらに、信用取引口座の開設後6か月間は、1日の約定代金合計が30万円以下の場合、無料(※)です。

  • 信用取引口座を開設して6か月以内に口座を閉鎖した場合には、閉鎖日以降の取引については当該無料の対象とはなりません。
  • 信用取引口座を閉鎖後、再開設を行った場合には、原則として当該無料の対象とはなりません。
  • 信用取引口座の開設には審査があります。審査結果によっては、「信用取引口座」の開設をお断りする場合があります。

さらにお得な手数料無料サービス

【無期限信用取引】
無期限信用取引では、一定の条件を満たすと以下の株式委託手数料が無料です。

  • 日計り取引の片道手数料
  • 保有期間が6か月を超えた場合の返済手数料

【一日信用取引】

  • 一日信用取引の手数料は、約定代金にかかわらず無料(※)です。
  • インターネット経由で、新規建を行った当日中に反対売買をした場合に限ります。
  • 現引・現渡を行った場合、当該建玉の新規建手数料として、約定代金×0.3%(税抜)がかかります。
  • 新規建を行った当日の大引けまでに建玉が決済されなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済しますが、その際は、約定代金×0.3%(最低手数料20円(税抜))の手数料がかかります。

ポイント2 優れたリスク管理

信用取引を利用するうえで注意が必要なことの1つに、委託保証金の維持率があります。松井証券の信用取引では、この維持率が25%を下回った場合、追加で保証金(追証)を差入れなければなりません。

松井証券ではお客様の維持率を取引時間中もリアルタイムに計算して表示する画面をご用意しています。今、ご自身の維持率が何%なのか、追証まであとどのくらい余裕があるのかが一目瞭然です。

リアルタイム維持率

追証審査の参考となる数値を、時価を使って算出し、表示しています。大引けの段階で25%を下回っている場合、追証が発生します。

  • 信用新規建余力率とは算出方法が異なりますのでご注意ください。
  • 夕方バッチ処理後、諸経費が更新され、追証の発生、および、追証金額が増加する場合があります。

ポイント3 充実したサポート体制

松井証券では、信用取引は初めてだから不安というお客様の様々な疑問を解消していただけるよう、サポート体制を充実させています。

サポート1

WEBサイト上に「よくあるご質問(Q&A)」を設けています。これまでお客様よりお問い合わせが多かった項目への回答を、カテゴリー別やキーワード別に検索できます。

サポート2

松井証券の会員のお客様なら、個別の疑問や具体的な問題には、会員画面の専用フォームから原則24時間(※)お問い合わせを受付けています。

  • 一部、ログイン、ご利用できない時間があります。

サポート3

お電話でもお客様からのお問い合わせをお待ちしています。専門のスタッフが解決のお手伝いをいたします。

サポート窓口

0120-953-006(IP電話等)03-5216-8628

受付時間 / 平日 08:30~17:00

4.信用取引の口座開設方法

インターネットの会員画面上から簡単に申込ができます。

  • 信用取引口座の開設には審査があります。審査結果によっては、信用取引口座の開設をお断りする場合があります。

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて