【特集レポート】信用買い残高の急減銘柄は将来の上昇予備軍!

日経平均株価は、2017年6月2日に2015年12月以来、約1年半ぶりに2万円を回復しました。2017年3月31日からは6.7%の上昇です。しかしながら、同期間で6.7%以上上昇した銘柄は約1,300銘柄に留まり、上場銘柄全体の約32%にすぎません。出遅れている約2,700銘柄の中で、今後の上昇が期待できる銘柄を探す方策の一つとして「期間中に信用買い残高が大きく減少している銘柄を探す」という事が挙げられます。

信用買い残高が減少しているという事は、信用取引を利用している個人投資家が利食いをしている証拠です。では、その裏で誰が買っているかというと、大部分は外国人投資家などの機関投資家、と考える事ができます。

松井証券店内の信用残を見ると、2017年3月31日と6月2日の比較では、買い残高が2,418億円から2,123億円に減少する一方、売り残高は352億円から503億円に増加しています。一方、日本取引所グループが毎週発表している投資部門別売買状況では、外国人投資家は、今年の4月第1週目から5月の第4週目まで8週間連続で買い越しとなっていました。今後、信用買い残が一段と減少してくると、個人投資家の利食い売りが減少し、外国人投資家の買いが入ってきた際に株価が上昇しやすくなる可能性があります。

では、個別にみた場合に、買い残高の減少率が大きな銘柄はどのようなものか、リストアップしてみました。まず、2位にランクインした3678メディアドゥは、1月末に集英社と資本提携された事が発表され、信用買い残が急増した銘柄ですが、ここ2カ月で信用買い残の整理が進んでいる事がわかります。一方、1位となったのは9433KDDIですが、減少率は大きいものの、時価総額と比較した信用残の減少額は限定的であるため、このデータだけで判断するのは避けた方が良さそうです。

減少率が大きい順

順位 コード 銘柄名 信用買い残高 減少率
1 9433 KDDI 12億円 -58%
2 3678 メディアドゥ 12億円 -52%
3 6641 日新電機 15億円 -48%
4 4063 信越化学工業 42億円 -46%
5 6988 日東電工 32億円 -45%
6 3663 アートスパークホールディングス 11億円 -41%
7 7752 リコー 12億円 -41%
8 9437 NTTドコモ 27億円 -38%
9 2160 ジーエヌアイグループ 47億円 -35%
10 2678 アスクル 21億円 -34%
11 4594 グリーンペプタイド 24億円 -33%
12 6531 リファインバース 17億円 -33%
13 2379 ディップ 12億円 -33%
14 6141 DMG森精機 14億円 -32%
15 4667 アイサンテクノロジー 12億円 -31%
  • データは2017年6月2日現在
  • 2017年6月2日時点の信用買い残高が10億円以上の銘柄
  • 「(2017年6月2日終値/2017年3月31日の終値)-1」が6.7%未満の銘柄
  • 信用買い残高の減少率は、「2017年6月2日時点の信用買残(株数)×終値」と「2017年3月31日時点の信用買残(株数)×終値」を用いて算出

このように、需給を判断するうえで参考になる信用残高の推移は、松井証券の無料情報ツール『QUICK情報』から確認することが可能です。「チャート」で「週足」を選択し、「信用残」の推移を表示します。その動きを見て、買い残高が急減していたら、それは「売りモノ出尽くし」のシグナルかもしれません。今後の銘柄検索に信用残高を役立ててはいかがでしょうか。

QUICK情報の「信用残」の表示方法

QUICK情報を起動後、以下の順番で個別銘柄の信用残高を表示することができます。

QUICK情報の「信用残」の表示方法
  • 銘柄コードを入力
  • 「チャート」をクリック
  • 「週足」をクリック
  • 「信用残」をクリック

松井証券シニアマーケットアナリスト 窪田朋一郎

2001年、松井証券に入社。マーケティング部を経て現職。
ネット証券草創期から株式を中心に相場をウォッチし続け、投資家動向にも詳しい。

リスクおよび手数料などについて

  • 当社WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。
  • 本レポートは、当社が信頼できると判断した情報に基づき記載されていますが、その情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
  • 本レポートは、お客様への情報提供を唯一の目的としたものであり、投資勧誘を目的として作成したものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 本レポートに掲載された情報の使用による結果について、当社が責任を負うものではありません。
  • 本レポートに掲載された意見や予測等は、レポート作成時点の判断であり、今後、予告なしに変更されることがあります。
  • 本レポートの一切の著作権は当社に帰属します。いかなる目的であれ、無断複製または配布等を行わないようにお願い いたします。