松井の自己分析

なぜ、松井証券は50歳以上の方にも多く支持されているのか

松井は、常にお客様に「もっと良いこと」をご提供できるよう心がけてきました。しかし、それがひとりよがりではいけません。そこで、まずは松井のお客様層を分析しました。すると、興味深いことが見えてきました。

松井証券が50歳以上のお客様にも受入れられているそのワケ

松井証券の年代別口座数の割合

50歳以上の割合は4割超

松井証券の年代別個人口座数の割合を見ると、30代から60代を中心に、各年齢層のお客様に幅広くご利用いただいていることがわかります。
なかでも、50歳以上のお客様の割合が4割を超えており、若年層に比べインターネットの普及率が低いと言われる50歳以上の方々においても、インターネット取引が浸透していることが読み取れます。

松井証券が支持されている理由

では松井証券が支持されている点はどんなところでしょうか。サポートセンターにはさまざまな声が寄せられていますが、中でも目立って多いのが次の3つです。今後もこうしたお声を大切に、お客様からの信頼を裏切らないよう邁進していきたいと思います。

POINT1. 文字が大きい。読みやすい。

松井証券WEBサイトでは、すべてのお客様に、より快適に、より便利にご利用いただけるよう、常に考え、デザイン等工夫してWEB構築を行っています。

POINT2. 安心感がある。

金融商品取引法によって120%超が求められている自己資本規制比率は1,162.2%(2016年9月末)となっております。お客様の資産を分別管理するなど、お客さまの不安や疑問解消のために、さまざまなサポートやサービスをご提供しています。リモートサポートもその一環です。

POINT3. メッセージ性が強く、どんな会社かつかみやすい。

私たちは「声を発する証券会社」として、お客様に対し常にメッセージを送ってきました。同時に、金融業界や社会全体に対しても問題提起し、解決策を模索してきました。これからも、正々堂々としたわかりやすい証券会社でありたいと考えます。

松井証券が50歳以上のお客さまにできること

資産運用を考える場合、年代に関わらず、ストックとフローを分けて考えることが重要です。シニアライフを送っている方またはシニアライフを目前にしている方は、老後資金については、より厳格にストックとフローを分ける必要があるでしょう。ここでは、ストックを長期投資にあてる資金、フローを短期投資にあてる資金として説明します。

たとえば、ストックを現在必要のない余裕資金と捉えるなら、ご自分が取れるリスクやリターンを勘案し、バランスに配慮したうえで、配当金目的の株式投資、スワップポイント狙いのFX(外国為替保証金取引)、債券、投資信託などへの投資が選択肢として考えられます。

一方、フローは、それが現在必要な生活資金であれば、普通預金など安全性の高い資産に振り分けたり、余裕資金であれば、売買益目的の株式、先物投資などの選択肢が考えられます。いずれにしても、ポートフォリオの考え方が重要といえるでしょう。 松井証券では、こうした投資に役立つ「ツール」を各種ご用意しています。

松井証券は、投資とは決して難しいものでも、怖いものでも、特別なものでもないと考えています。投資とは、日々の相場に馴染みながら行うものと捉えています。中でも、職場経験や人生経験の豊富な50歳以上の方々こそ、有意義な投資ライフを過ごせるのではないでしょうか。
松井証券では、こうした投資の「場」をご提供しています。

投資をはじめるなら松井証券!安心と信頼、充実のサービス

商品・サービス

「お客様のために」を考えた革新的な商品・サービスをご提供しています。

手数料一覧

シンプルな定額手数料制度で安心!初心者でも気軽にはじめられる手数料体系です。

ツール一覧

簡単操作で素早く発注!
無料で使える便利で豊富なツール・アプリ。

充実したサポート体制

会員画面内からのお問い合わせなら24時間受け付け!お電話からもお気軽にご相談いただけます。

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00

リスクおよび手数料などについて

  • 当社WEBサイトに記載の商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、すべての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取引ルール、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などに記載されていますので、当該WEBサイトをご確認ください。