デイトレーダー 青年実業家Dさん

タイプ別投資のすすめ
青年実業家Dさん(28歳)
刻一刻のチャンスも逃さない積極タイプ
信用取引で、元手よりも大きな投資成果を狙います。銘柄にはこだわらず、1日保有し続けないこともあります。営業で外回りが必要な日は、スマホアプリを駆使して積極的にトレードします。
項目の詳細はこちら
シーン1
「デイトレ適性ランキングで銘柄をピックアップ。値動きのよい銘柄をタイミングよくキャッチ!」
Dさんは、まず、「デイトレ適性ランキング」で、流動性の高いものの中から値動きのよい銘柄をピックアップします。そして、勢いのある銘柄で売買を繰り返します。また、銘柄によっては、信用取引(※)を利用して売りから取引を始め、積極的に利益を狙います。
Dさんは信用取引をはじめてから、少ない資金で大きな投資成果を狙えるようになりました。また、買いだけではなく売りからも取引を始められるので、株価の下降局面でもチャンスを生かせるようになり、投資の幅が広がりました。さらに、デイトレード時には、一日信用取引を利用することで、取引コストを抑えることができています。
日頃、Dさんが駆使しているのが「ネットストック・ハイスピード」です。株価情報や注文状況、保有銘柄の損益がリアルタイムで自動更新され、注文したいときにマウス操作だけで即注文できます。また、銘柄の動きを分析する機能も充実しています。例えば、「株式マーケットウォッチャー」には、設定した基準から株価が急騰・急落した銘柄を表示する「株式株価急騰落分析」、設定した基準から出来高が急増した銘柄を表示する「株式出来高急増分析」、高値または安値、ストップ高、ストップ安に対する近接率を設定し、現在値が設定した近接率以内の銘柄を表示する「株式近接率分析」など、Dさんお気に入りの機能が盛りだくさんです。
シーン1
(※)
当該商品(またはサービス)は、価格の変動や発行体の経営状況などにより投資元本を割り込むことがあります。お取引の際は、リスクに関する説明をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
シーン2
「どんな銘柄かにはこだわりません。注目しているのは、あくまで値動きの勢いです。」
シーン2
Dさんは自宅にいるときはパソコンで取引しますが、外回りの営業の日にはスマートフォンを使って積極的に取引します。スマートフォン向けアプリケーション「株touch」なら、株式ランキングが充実しており、ストップ高、新値銘柄などを確認したうえで、自動更新の株価を見ながら注文することもできます。また、「会員専用ページ(ネットストック)」でも、気配やチャートをチェックできるほか、スクリーニングができるので、お昼休みなどにその機能を使って銘柄探しをすることもあります。
Dさんは、銘柄にはこだわりません。その日の値動きに注目し、銘柄を選定します。たとえば、今日は値上り率ランキングのベスト6だった「サシス開発」を株価120円で1万株買いました。その10分後に、株価は122円になったので、欲を出さずにこまめに利益確定することを目標にしているDさんは、そこで売却しました。そのため、10分で2万円の利益を手にしました(※)。
このような売買を1日10銘柄くらい、相場が活況なときは20銘柄ほどを売買することもあります。1日に何度も売買を繰り返すからこそ、手数料は非常に重要です。Dさんは、デイトレードなら取引手数料が無料の一日信用取引を利用するため松井証券で取引しています。

手数料、税金等は考慮していません。
Dさんのような人には…
リアルタイム更新される情報画面と発注・約定確認画面が一体となったパソコン向けトレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」やスマートフォン向けアプリケーション「株touch」がおすすめです。
また、Dさんのように個別銘柄にこだわらず、利益のみを追求する方は銘柄選択が不要な「日経225mini(※)」という選択肢もあります。「株touch」は先物・オプション取引にも対応しているので、チャンスを逃すことなく取引できます。
(※)
先物取引には期日もあり、相場変動にともなう追証の発生など、固有のリスクがあります。したがって特定の銘柄および取引手法を勧誘するものではありません。また将来の運用収益を保証するものでもありません。
各種情報ツールをご利用の際は、推奨環境および利用規約をご確認ください。

このタイプにおすすめのサービス

注文条件を設定しておけばマウスだけで発注可能な「スピード注文」、株価や出来高を切り口とした銘柄分析に役立つ「株式マーケットウォッチャー」などがある。
リアルタイムでのニュース配信やチャート画面などを複数起動できる「ネットストックトレーダー」の高機能版。画面構成も自由に変更できる。
返済期限が当日のデイトレード専用の信用取引。デイトレードした場合、手数料が0円、金利・貸株料が0〜2%と、取引コストの面で大きな優位性がある。
先物取引は現物取引に比べ、資金効率の高い取引を行うことができるが、相場が予想と反対に動いた場合は損失が膨らむリスクがある。
タッチパネルインターフェースで使いやすいように開発された高機能のスマートフォン向けアプリケーション。株式、先物、オプションの各取引に対応しており、情報収集と発注が可能。
デイトレード向きの銘柄探しに便利な、寄り前気配値上り率・寄り前気配値下り率・デイトレ適性・Tick回数・値上り率・値下り率・売買高・売買代金・売買代金急増などのランキングが確認できる。
  • 制度信用取引、無期限信用取引とは別のサービスです。制度信用取引、無期限信用取引でデイトレードした場合の手数料、金利・貸株料は異なります。

他のタイプ

マイペース投資家 Aさん 長期ホルダー  主婦Bさん サポーター 定年退職したCさん 若葉マーク 自営業者Eさん

関連リンク

「体験ツアー」

口座のお申込みから開設までの流れがよく分かるツアーです。

「操作説明」

はじめてお取引をされる方に必要な操作をご説明しています。

本コラムは架空の人物・事例を用いて証券投資一般に関する情報の提供をすることを目的として作成されたものであり、投資勧誘や特定の取引手法の推奨を目的とするものではありません。本コラムの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。当社が取扱う商品は価格の変動、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。お取引の際は、リスクに関する説明・取引ルールをご確認いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

まだ口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

口座開設サポート

0120-021-906(IP電話等)03-5216-0617

受付時間 / 平日 08:30〜17:00