経営メッセージ

代表取締役社長 和里田 聰
代表取締役社長 和里田 聰

平素より格別のご高配とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社がオンライン証券サービスを開始して20年以上が経過しました。当社を含むオンライン証券会社の登場によって、個人投資家の取引環境が、より便利で快適になりました。

政府においても、一貫して「貯蓄から投資/資産形成へ」を掲げ、「NISA」の制度を充実させ、「個人型確定拠出年金制度(iDeCo)」の制度を改善し、学校教育の場でも資産形成という視点を盛り込むなど、我が国全体として、個人の資産運用、資産形成を本格的に推し進めてきました。

しかし、そのような20年間であったものの、日本の個人が保有する金融資産2000兆円の大半は未だに預貯金であり、株式や投資信託の割合は大きく変わっておらず、日本における個人投資家の裾野拡大は道半ばであるのが実態です。

裾野拡大を阻む大きな要因として、個人が投資を始めるうえでの心理的な壁が存在すると考えています。いわゆる「2,000万円問題」などを受けて、老後の生活資金のために、自助努力による資産形成が現役時代から必要という認識が広がってはいるものの、投資に対しては、「難しい」、「分かりにくい」、「損するかもしれず怖い」といったイメージがあります。自分の周囲に、相談できる経験者がいない、投資を通じた成功体験が乏しいという面もあるかと思います。当社は、そのような心理的な壁を取り払い、投資をより身近なものにすべく、サービスの拡充に努めてきました。

金融商品へ投資する最初のきっかけは、「資産を増やしたい」、「将来に備えて資産形成したい」という、「金銭的な豊かさ」への欲求だと思います。一方で、投資をはじめてみると、「金融知識を向上したい」、「投資を通じて、社会と接点を持ちたい」、そして、「日々の取引を通じて楽しさを感じたい」など、新たな体験ができたというお話をお客様からいただいたことがあります。つまり、投資を通じて、「世界や視野の拡がり」、「発見」、「成長」、「充実感」など、「人生の豊かさ」に繋がる体験をしていただけたのだと思います。

このような体験を、より多くの皆様にお届けするため、「投資をまじめに、おもしろく」というコーポレートスローガンのもと、これまで続けてきた投資に「まじめに」向き合う姿勢はそのままに、より投資の「おもしろさ」を感じていただけるよう取り組んでいきたいと考えています。

私たちは「お客様の豊かな人生をサポートする」という企業理念のもと、個人投資家にとって価値のある商品・サービスを提供してまいります。皆さまのご期待に添えるよう努めてまいりますので、今後ともご支援、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長
和里田 聰