三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

松井証券投資信託担当者よりコメント

ブラジルやインドネシアなどの新興国で発行された債券に投資する投資信託。経済状態が不安定な反面、金利水準が高い国が多いため、高いリターンが期待されます。ただ、経済状態が不安定なため、為替が大きく変動する事があるなど、先進国債券に比べるとリスクは大きくなる傾向にあります。
債券の投資信託は、株式の投資信託と比較して、低いリターンとなる一方、リスク(価格変動)は小さくなりますが、債券に投資する投資信託の中では高リスク、高リターンと言えるでしょう。

トータルリターン(1年) +4.71%
リスク(1年) 9.38% (2019/09時点)

ブラジルやインドネシアなどの新興国で発行された債券に投資する投資信託。経済状態が不安定な反面、金利水準が高い国が多いため、高いリターンが期待されます。ただ、経済状態が不安定なため、為替が大きく変動する事があるなど、先進国債券に比べるとリスクは大きくなる傾向にあります。
債券の投資信託は、株式の投資信託と比較して、低いリターンとなる一方、リスク(価格変動)は小さくなりますが、債券に投資する投資信託の中では高リスク、高リターンと言えるでしょう。

トータルリターン(1年) +4.71%
リスク(1年) 9.38% (2019/09時点)

商品の特徴

資産クラス
  • 新興国債券

当ファンドは、新興国の債券市場の値動きを反映するJPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う商品です。

運用会社 三菱UFJ国際投信株式会社
JIS&T登録略称名 新興国債券インデックス三菱U
ファンドの管理費用
(含む信託報酬)

信託報酬は日々の純資産総額に対して、年率0.572%(税抜 年率0.52%)をかけた額です。

基準価額等の詳細情報はこちら別ウィンドウまたはタブで開きます

運用スタイル 当ファンドはインデックス・ファンドであり、あらかじめ決められたベンチマーク(指標)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
選定理由 資産クラス「新興国債券」のインデックス投資信託です。同種の投資信託の中で最低水準の運用コストであることから、長期的な資産形成に適していると考え選定しました。

今すぐiDeCo(個人型確定拠出年金)を
はじめましょう!

3月末申込受付開始予定!

松井証券iDeCoサポート

0120-957-372(IP電話等)03-5216-0627

受付時間 / 平日 08:30〜17:00

リスクおよび手数料などについて