大波に乗れ!マザーズ指数先物キャンペーン 大波に乗れ!マザーズ指数先物キャンペーン

この度、松井証券では、キャンペーン期間中、マザーズ指数先物の取引手数料を0円にするキャンペーンを実施します。手数料がかからないため、小さな値幅でもより利益を狙いやすくなります!

この機会に、松井証券のサービスをぜひご利用ください。

  • 当該キャンペーンの申込は不要です。対象銘柄を取引したお客様全員が対象となります。

京都あるあるをツイートする!

福岡あるあるをツイートする!

キャンペーン内容

キャンペーン期間 2018年1月22日(月)~2018年2月28日(水)
対象者 松井証券に口座をお持ちのお客様
キャンペーン内容 キャンペーン期間中、対象銘柄の取引手数料を無料にします。
対象銘柄 マザーズ指数先物
ご注意
  • キャンペーン期間の判定は、全て取引日を基準に行います。そのため、2018年1月19日(金)夜間立会から、2018年2月28日(水)日中立会までに約定した取引が対象となります。
  • 任意決済、ロスカット、電話でのお取引はキャンペーンの適用対象外です。
  • 一日先物取引における期日超過の任意決済もキャンペーンの適用対象外です。一日先物取引における建玉の返済期限はこちらを参照してください。
  • 本キャンペーン終了後も同内容のキャンペーンを継続して実施する可能性があります。その場合は別途告知する内容をご確認ください。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合があります。

マザーズ指数先物とは?

マザーズ指数先物は東証マザーズ指数を対象にした先物取引で、日本の新興市場のみを対象とする、初の上場先物商品です。
対象となる東証マザーズ指数は、

  1. 1 日中の変動率が高い
  2. 2 TOPIXや日経平均株価とは異なる値動きをする(連動性が低い)
  3. 3 個人投資家による売買代金のシェアが高い

といった特徴があります。
そのため、「デイトレードで大きな値幅を狙いたい」「日経平均株価とは異なる値動きでトレードしたい」といった方にオススメです。

ネット証券大手で最安水準の手数料!

松井証券のマザーズ指数先物の取引手数料は、ネット証券大手5社でも最安水準!(※1)
キャンペーン期間終了後もお得に取引することが可能です。

  • ※1 ネット証券大手5社とは、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券、当社を指します。2018年1月16日時点の通常の他社手数料(税抜、当社調べ)と比較して最安水準
  • ※2 キャンペーン期間(2018年1月22日(月)~2018年2月28日(水))中の場合。