PTS(私設取引システム)における信用取引サービス開始のお知らせ

2021年1月26日

松井証券は、2021年1月30日(土)(予定)より「PTS(私設取引システム)」における信用取引サービスの取扱いを開始します。これにより、信用取引においても取引所以外での売買が可能となります。

サービスのポイント

  • POINT 1 信用取引における取引機会を拡大します
  • POINT 2 小さな呼値単位で取引が可能になります
  • POINT 3 東証とPTSの単元相違銘柄が発注可能になります

信用取引における取引機会を拡大します

これまで当社では「ジャパンネクストPTS(J-Market)」での取引を現物取引サービスにおいてのみご提供していましたが、このたび、お客様の取引機会拡大のため、信用取引での対応を開始します。

今後は制度信用取引、無期限信用取引、短期信用取引、一日信用取引の各サービスで、PTS市場での取引が可能となります。お客様サイトやお客様サイト(クラシック)だけでなく、ネットストック・ハイスピードや株touchからのお取引でもPTS市場への発注が可能です。なお、手数料、金利、貸株料および有料貸株料については、各取引に準拠します。

小さな呼値単位で取引が可能になります

PTS取引の呼値の単位は、取引所取引の呼値の10分の1~1,000分の1(※1)です。
そのため、取引所とは異なる価格で約定する可能性が高く、より有利な価格で取引が成立することもあります。
これまでは現物取引でのみ可能でしたが、今後は信用取引でも同様の条件で取引が可能となります。

  • ※1 TOPIX100構成銘柄を除く

東証とPTSの単元相違銘柄が発注可能になります

これまで、東証とPTSで売買単位が異なる場合はPTSで注文いただくことができませんでした。このような銘柄でもPTSで発注可能となります。

その他、PTSにおける現物・信用取引サービスの概要は次の通りです。
なお、PTSでの信用取引における取引時間は、現物取引とは異なり東証の取引時間中のみが対象となりますのでご注意ください。

  現物取引 信用取引
取扱銘柄 東京証券取引所に上場している銘柄のうち、ジャパンネクスト証券が指定する銘柄
手数料 取引所・PTSの取引を合わせた、一日の約定代金合計が50万円以下の場合、手数料は0円!
取引の種類 現物取引 制度信用取引/無期限信用取引/短期信用取引/一日信用取引
現物取引の買付・売却または信用取引の新規建・返済、それぞれのタイミングで取引所・PTSを選択可能!
取引時間 08:20~15:30
17:30~23:59
09:00~11:30
12:30~15:00
現物取引は、東証の立会時間以外も取引可能!
  • 一日信用取引、NISA口座・ジュニアNISAでのお取引、単元未満株の売却、立会外分売での買付、電話でのお取引は、別の手数料体系です。

松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

ご注意

  • 無期限信用取引および短期信用取引銘柄は、当社指定の銘柄が対象ですが、株式の調達状況によっては新規取引を停止する場合があります。
  • 取引所等による取引規制、および当社規制については、松井証券取引規制でご確認ください。

まだ信用取引口座をお持ちでない方は、インターネットで今すぐお申込み!

リスクおよび手数料などについて