【お知らせ】新しくなるNISA制度について~2024年から~

2022年6月6日

2024年からNISA制度が新しくなります。
より多くの方々に長期・積立・分散投資を始めるきっかけにしてもらうための制度変更です。制度の変更点をしっかりおさえていただくため、NISA制度変更のポイントについてまとめました、ぜひご活用ください。

  • 記載内容は2022年5月時点の内容です。新NISA制度はまだ確定されていないため、今後記載の内容から変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

新「一般NISA」 ~2024年から開始~

非課税期間が5年間の「一般NISA」については、当初2023年で制度終了のところ、口座開設可能期間が5年間(2028年まで)延長されることになりました

この延長される5年間(2024年~2028年まで)は、より多くの方々に長期・積立・分散投資を始めるきっかけとなるよう、2階建ての新しいNISAに生まれ変わります。

なお、現行の一般NISAから新NISAへの移行は自動で行われるため、改めてマイナンバー確認書類等の提出は不要となっています。

主な変更点

  一般NISA
(2023年まで)
  新NISA
(2024年~)
非課税になる投資金額 年間120万円 【2階部分】:年間102万円
【1階部分】:年間20万円
非課税期間 5年間 5年間
投資対象 株式・投資信託

【2階部分】:株式・投資信託
(ただし、レバレッジ型投資信託、整理銘柄・監理銘柄は対象外)

【1階部分】:金融庁の基準を満たした投資信託(つみたてNISAと同じ)

新NISA:2階建てのイメージ

  • ※1 ただし、レバレッジ型投資信託、整理・監理銘柄は除きます。
  • ※2 例外として、以下のいずれかに該当する旨届出を行った場合は、1階部分の積立を利用せず、2階部分で上場株式のみに投資することが可能です。
    ①過去にNISA口座を開設していた
    ②過去に証券投資を行ったことがある
    ただし、使用できる非課税枠は2階部分の「102万円まで」になりますのでご注意ください。

つみたてNISA ~仕組みはそのまま、2042年まで5年延長~

つみたてNISAの口座開設期間が5年延長され、「2037年→2042年」までとなりました。
年間の投資上限や、非課税期間等の仕組みに変更はありません。
松井証券では170銘柄を超える豊富な取り扱い銘柄をご用意しています。この機会に松井証券で長期・積立・分散投資を始めてみませんか。

つみたてNISAの概要

対象者 口座開設をする年の1月1日時点において満20歳以上の国内居住者
(2023年1月1日以降は18歳以上)
年間非課税投資枠 年間40万円
投資対象商品 一定の要件を満たした投資信託等
  • 当社ではETFは対象外
  • 当社の対象商品はこちらからご確認ください。
非課税対象期間 投資した年から最長20年間
口座開設期間 2042年開始分まで

ジュニアNISA ~2023年末で制度終了~

ジュニアNISAは2023年末をもって終了となり、延長されません。

2024年以降は、18歳までの払い出し制限が撤廃されるため、年齢にかかわらず非課税での払出が可能となります。その際は一部ではなく全額の払い出しが必要で、ジュニアNISA口座は廃止することになります。

ジュニアNISAの概要

対象者 口座開設をする年の1月1日時点において満20歳未満の国内居住者(0〜19歳まで)
(2023年1月1日以降は18歳未満)
年間非課税投資枠 年間80万円
投資対象商品 上場株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)等の譲渡益・配当等
  • 松井証券のジュニアNISA口座では、払出し制限期間終了後から投資信託を取引できます。
非課税対象期間 投資した年から最長5年間
投資期間 2023年12月末まで

詳細は金融庁のお知らせをご確認ください。