株式注文の再発注機能を導入します

2013年8月20日

松井証券は2013年9月2日(月)(予定)より、有効期間満了により失効した株式注文を再発注する機能を導入します。

失効注文の再発注機能により、注文の各条件をあらためて入力する必要がないほか、失効注文をまとめて再発注できるようになります。これまでよりも発注の手続きが簡単になり、利便性が向上します。

再発注機能の概要

再発注可能な注文の種類

有効期間満了により失効した現物株式、制度信用取引および無期限信用取引の通常注文、逆指値注文および追跡指値注文で執行条件等が付加されていない注文を再発注できます。

  • 再発注した注文が有効期間満了により失効した場合、あらためて再発注の対象になります。

再発注可能な期間

有効期間が「当日」の注文は当日の17:00以降(バッチ処理後)から翌営業日の取引時間終了まで、有効期間が「週末まで」の注文は週末営業日の17:00以降(バッチ処理後)から翌営業日の取引時間終了まで、失効注文の再発注が可能です。

再発注可能な期間

元の注文から引き継ぐ注文条件

銘柄、市場、取引区分、口座区分、売買の別、注文値段、有効期間、指定建玉が失効した注文から引き継がれます。注文株数は未約定の株数が引き継がれます。なお、注文値段、逆指値注文や追跡指値注文のトリガー値段、追跡指値注文の予約値段は再発注時に訂正が可能です。

ご注意

  • 失効注文の再発注は、電話による注文は受付けていません。
  • 以下の注文は再発注の対象外です。
    • 有効期間が満了する日が権利付最終日の場合
    • 再発注時に売買停止となっている銘柄の注文
    • 寄付、引け、指成、IOCなどの執行条件付きの注文
    • 有効期間の途中で失効した注文(失効の理由によりません)
    • 当社の任意による売却注文
    • 「返済予約注文」を付加した注文

再発注の方法

パソコン向け会員画面および携帯端末向け会員画面より、再発注の手続きが行えます。

パソコン向け会員画面からの再発注方法

会員画面内上部【株式取引】−【注文照会】画面の「再発注」ボタンより、再発注の注文入力画面に進みます。

パソコン向け会員画面からの再発注方法

携帯端末向け会員画面からの再発注方法

株式取引メニューの「再発注」より、再発注の注文入力画面に進みます。

携帯端末向け会員画面からの再発注方法