各種書面の改定について

2013年12月9日

2014年1月より「NISA(少額投資非課税制度)」が導入されること等に伴い、下記のとおり、各種書面を改定します。

信用取引の契約締結前交付書面の改定について

「NISA(少額投資非課税制度)」の導入に伴い、信用取引の契約締結前交付書面を改定します。

これに伴い、12月12日(木)大引け後に会員画面へ初めてログインする際に、信用取引の契約締結前交付書面の改定内容を確認するための確認画面が表示されます。

ご確認いただく契約締結前交付書面は次の通りです。

改定後   改定前
←

主な改定内容

主な改定内容は次の通りです。

書面 主な改定内容
信用取引の契約締結前交付書面 ストックオプション口座・NISA口座で保有している株式および先物・オプション取引証拠金に振替えられている株式等については、代用有価証券として取扱うことができないことを追記。(別紙 委託保証金の計算について)

ご確認手続きをスムーズに進めていただけるよう、あらかじめ改定内容および確認方法等のご確認をお願いします。改定後の内容につき、ご質問がある場合は、松井証券顧客サポートまでお問い合わせください。

関連リンク

このページの先頭へ

その他各種書面の改定について

また、「NISA(少額投資非課税制度)」の導入および平成25年度の租税特別措置法改正に伴い、下記の規程等を改定します。
改定の内容につき、ご質問がある場合は、松井証券顧客サポートまでお問い合わせください。

改定

改定後   改定前
←
←
←
←
←

主な改定内容

主な改定内容は次の通りです。

書面 主な改定内容
手数料などの諸費用について
  • NISA口座でのお取引手数料を記載。
  • NISA口座でお取引した場合、NISA口座でのお取引を含む約定代金合計で計算された手数料金額が、大引け後のバッチ処理(一括処理)まで余力から拘束されることについて追記。
ネットストック信用取引規程
  • ストックオプション口座・NISA口座で保有している株式および先物・オプション取引証拠金に振替えられている株式等については、代用有価証券として取扱うことができないことを追記。(第7条)
  • 金銭の差入れが無い場合の取扱いについて明確化。(第17条第6項)
新規公開株式等の契約締結前交付書面 NISA口座で保有する株式等に生じた損失については、損益通算ができないことについて追記。(金融商品取引契約に関する租税の概要)
特定口座に係る上場株式等保管委託および上場株式等信用取引約款 特定口座のみなし廃止制度の廃止に伴う記載の削除(第13条第1項第2号)
特定口座に係る上場株式配当等受領委任に関する約款 特定口座のみなし廃止制度の廃止に伴う記載の削除(第6条第1項第2号)

このページの先頭へ