【NetFx】発注上限を国内最大級の1,000万単位に引き上げます

2014年6月27日

松井証券は7月1日(火)(予定)より、NetFx(外国為替保証金取引)の発注上限を全通貨1,000万単位に引き上げます。

これにより、国内主要ネット証券、FX業者の中でUSドル/円の発注上限が最大となり、また、500万単位超のUSドル/円の取引を行う場合、松井証券NetFxの提示スプレッドが最も狭いスプレッドとなります。

この機会にぜひ、松井証券NetFxでのお取引をご検討ください。

発注上限の変更内容(1注文あたり)

取扱通貨 変更後   変更前
USドル/円 1,000万単位 ← 500万単位
ユーロ/円
豪ドル/円
NZドル/円
英ポンド/円
カナダドル/円
スイスフラン/円
南アランド/円 1,000万単位
香港ドル/円

国内主要ネット証券・FX業者の発注上限・スプレッド(USドル/円)

主要ネット証券の中ではもちろん、主要FX業者と比べても、松井証券の発注上限が最も大きくなります。

主要ネット証券比較

主要ネット証券比較

主要FX業者比較

主要FX業者比較

大口注文時のスプレッド(通常時)比較

下記は、500万単位超の大口注文が可能な松井証券とSBI FXトレード(SUPER DEALERS’ZONE)のスプレッド比較です。500万単位超の取引は、松井証券の方が狭いスプレッドを提示しています。

大口注文時のスプレッド(通常時)比較
  • 2014/06/24時点、松井証券調べ。
  • スプレッドは外国為替相場の状況等により、拡大する場合があります(相場の急変時、経済指標の発表時、著しい流動性の低下時等)。

このページの先頭へ

リスクおよび手数料などについて